サンデーLIVE!!古田敦也x石井一久監督インタビュー

石井監督が掲げる「その場しのぎの野球」

2月28日日曜日にテレビ朝日系列で放送された「サンデーLIVE!!」のスポーツキャスターで元ヤクルトスワローズ監督の古田敦也さんが東北楽天ゴールデンイーグルス石井一久GM兼任監督とリモートインタビューを行いました。
古田さんに今年の楽天はどんな野球を目指すのかと問われた石井監督は「その場しのぎの野球」と答えました。
これはいきあたりばったりで野球をするのではなく、監督からあれこれ言われずとも選手たちが自分たちで状況を判断して野球をしてほしいという意味で使っているということでした。
それなら「臨機応変の野球」でいいはずなのになぜ「その場しのぎの野球」なのか。
石井監督が「その場しのぎの野球」という意味にこだわるのは新外国人の野手2人が新型コロナウィルス対策で入国制限がかかって入国できない状況があり、主軸のロメロ選手もオリックスに移籍して攻撃力が低下しているチームの苦しい現状を表していると私は思いました。

実際2月27日に日本ハムから右バッターで強打の内野手横尾選手を交換トレードで獲得しています。

古田さんが楽天イーグルスの開幕投手と先発ローテーションを逆提案!

インタビューは旧知の仲なのでなごやかに進み、開幕投手とその後の先発ローテーションをどうするのかという話題になりました。すると古田さんが「俺なら開幕投手を涌井投手、2戦目を田中投手にするけどどう思う?」と逆提案してきました。
石井監督は2戦目の3月27日土曜日に田中投手が登板すれば翌日放送ののサンデーLIVEで取り上げられるからじゃないの?とちゃっかりしている古田さんを笑っていましたが、その後発表された開幕投手はなんと涌井投手!2戦目が田中投手と古田案に乗ったような形になりました。
しかし私は石井監督が思いつきで古田案を採用したとは感じませんでした。

実は涌井投手は前回の記事でとりあげた番組に出演したシンカー使いの一人です。
彼は去年から使い始めたシンカーを駆使しチームトップの11勝を勝ち星を上げていて、その実力を石井監督は高く評価していました。
涌井投手は開幕投手の実績もあり、西武千葉ロッテで計9度投げていて5勝を挙げています。
2戦目に登板予定の田中投手は以外にも楽天での開幕投手が1度しかなく、練習試合でも失点していてボールの違いなど微妙な感覚を取り戻すのに時間がかかっているようでした。本人も先発ローテーションを守ることを大事にしていて開幕投手へのこだわりはそれほどないようです。
これが主な理由でしょう。
今年の楽天は先発ピッチャーの陣容が豊富なので、石井監督は田中投手に開幕投手のために急ピッチで調整をさせるつもりはなかったようです。

1戦目に大舞台に強い2番手ピッチャーを持っていき、2戦目にエースピッチャーを立てる作戦は石井監督の現役時代の指導者でヤクルト監督だった故・野村克也氏などが好んだ3連戦の2戦目を重視する戦略で、連敗する確率を減らすのと1戦目の相手エースピッチャーを打ち負かせれば力の劣るピッチャーと対戦する2戦目の勝率も上がるという効果が期待できます。
故・野村克也氏からは現役時代に飄々としていて「何を考えているのかわからん」とさじを投げられていた石井監督ですが、指導者になると意外と研究熱心な面を見せているので、もしかしたら監督も向いているのではないかと私は思い始めています。

報告する

コメント

  1. 興味深いお話ありがとうございます。

    野球も単に、投げた、打っただけでなく、奥が深いですね。。

    昔から古田は頭脳派で監督向きかと思っておりましたが、何を考えているのか読みづらい石井は実は仰られるように監督向きなように思いました。

    舞台は野球ですが、それ以外でも参考となる記事ありがとうございます。

    またよろしくお願いいたします。

  2. お問い合わせ戴きましてありがとうございます。
    販売ページ等セールスに関係のないサイトへは、ご遠慮なくリンクを貼って戴いて結構です。
    お気遣いいただきありがとうございます。

コメントするためには、 ログイン してください。