独学で文章力を上げる!ライティングにおすすめの本をご紹介

独学で文章力を上げる!ライティングにおすすめの本をご紹介

文章が上手くなる方法を知りたい。ライティング初心者の多くが実感することではないでしょうか。スキルアップの手段として、勉強会に参加する方法もありますが、時間を確保するのが難しい方もいらっしゃるかと思います。
今回は独学でライティングのスキルアップを目指す方におすすめの本をご紹介します。

(目次)

1.これ1冊で丸わかり!下準備から読んでもらう工夫まで
2.「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」の内容とは?
3.ここがおすすめ
4.余すところなく活用して、目指せスキルアップ!
5.まとめ

これ1冊で丸わかり!下準備から読んでもらう工夫まで

今回おすすめする本は、「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」です。この本は、著者の唐木元さんが新入社員に向けて開いてきた社内勉強会の内容を元に作成されています。文章を書く前に必要な準備から、読んでもらう工夫までの段取りが、1冊に凝縮されているのが魅力です。

「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」の内容とは?

この本では、文章力の向上に必要なことを大きく5つに分けて解説しています。各項目の主な内容は以下のとおりです。

《書く前に準備をする》
・文章を書き始める前に必要な準備について

《書いた文章を見直し、推敲する》
・文章を意味、字面、語呂の観点で見直しする
・推敲の方法

《より伝わる文章にする》
・余計な表現の取り除き方
・文法の見直し方法(主語と述語のかみ合わせなど)

《丁寧な文章にするテクニック》
・言葉選びのテクニック

《読んでもらうための工夫》
・話題の扱い方
・用途別のテクニック

ここがおすすめ

とにかくわかりやすい、ということがこの本をおすすめする最大の理由です。読み手への配慮が随所に散りばめられています。具体的には以下のとおりです。

・文章を書くためのプロセスが、順を追って丁寧に記されている
・専門用語が少なく具体例が多いため、内容が頭に入りやすい
・1つの項目がほぼ3ページ以内に収まっているので、ストレスなく読める
・重要箇所が太字になっていて、話の要点が一目瞭然である

余すところなく活用して、目指せスキルアップ!

「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」は、本の内容はもちろんのこと、使われている文章や話の進め方なども大変勉強になります。特に、文末の表現が同じものばかりになってしまうなど、言い回しに悩んだ時に参考にするのがおすすめです。余すところなく活用をして、スキルアップを目指しましょう。

まとめ

今回は独学でライティングのスキルアップを目指す方に向けて、おすすめの本をご紹介いたしました。「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」は、移動時間や、ちょっとした空き時間にサクッと読むことができます。すきま時間の利用で文章が上達したら嬉しいですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。