文章力の高いライターになろう!意識すべき5つのポイント(動画あり)

文章力の高いライターになろう!意識すべき5つのポイント(動画あり)

Webライターにとって文章力は”武器”

ネット記事を書くWebライターにとって必要なのは、免許や資格ではありません。ライターにとって重要なのは、いかに上手い文章を書くことができるかです。この文章力こそが、いわばライターにとっての”武器”です。

「上手い文章を書く」ということが、いかに難しいか…。これは、ライター経験者であれば誰でも感じたことがあるのではないでしょうか?そもそも、文章の上手/下手に関しては、基準も曖昧ですし。

しかし、やはりライターとして活動していくのであれば、クライアントから「文章の執筆が上手いライター」として認識されたいですよね。文章力によって、クライアントから提示される報酬の額も変わってきます。今回は、文章力を上げるコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

 

 

文章力を上げる!意識すべき5つのポイント

文章力はトレーニングすることで格段に上がります。最も効果的なのはプロに添削してもらうことですが、ここでは「自分1人で出来る」文章力アップ術についてご紹介します。

文章力を上げるためには、いくつかのポイントを意識しつつ文章を書く必要があります。文章力アップにおけるポイントは、以下のたった5つです。

文章力を上げよう!5つのポイント
  1. 先輩ライターの文章を参考にする
  2. 読みやすさを重視した文章を書く
  3. 助詞「が」「は」「を」「に」を熟考する
  4. 行間の使い方にも注意!
  5. 個性のある内容にしよう

 

1.先輩ライターの文章を参考にする

まだ自分の文章スタイルが確立していない人は、ぜひ先輩ライターの文章を読んでいただきたいです。文章力を習得するには、他人の文章を真似ることから始めましょう。あなたには、目標にしている先輩ライターがいますか?

自分が挑戦しようとしている分野と同じジャンルの記事を読んでもいいですし、単に興味のある分野でも構いません。「この人の文章は読みやすくて好きだな」と感じたら、その人の文章スタイルを真似ることから始めてみましょう。

ちなみに、私が初心者の頃に参考にさせてもらったライターの先輩は、マナブログのマナブさんです。読みやすく、かつ内容が個性的で、読者を惹きつける文章を書かれる方です。勉強になる記事も沢山書いていらっしゃるので、ぜひ読んでみてください。

Check!関連リンク⇛ manablog-マナブログ-

 

2.読みやすさを重視した文章を書く

「文章力」を意識するうえで大事な要素の1つは、読みやすさだと思います。読みやすさを重視した文章を書くよう意識してみましょう。

読みやすい文章を書くには?
  • 難しい単語を使わない
  • 難しい言い回しを使わない
  • 長過ぎる文章は句点で短く区切る
  • 文章の合間に画像を挿入する
  • 文字装飾で視覚的読みやすさをUPさせる

上記のように、読者に文章を読みやすくさせるためのテクニックがあります。これらの注意点に留意しながら文章を書いてみましょう。

 

3.助詞「が」「は」「を」「に」を熟考する

ネットで人から嫌がらせを受けたとき、抱え込ま周りの人へ相談しましょう。この行動1番大事なのです。

上の文章を添削するのであれば、私ならば以下のように助詞を修正します。

ネットで嫌がらせを受けたときに「は」、抱え込まず「に」周りの人へ相談しましょう。この行動「が」1番大事なのです。

上の文章のままでも間違いではないのですが、助詞を加えたり、助詞を「は」から「が」に変更するというちょっとした変化で文章のニュアンスが変わります。同時に、読みやすい文章に仕上がります。

まとまった文章を書いた際、最終チェックの段階で構いませんので、いったん立ち止まって助詞の使い方について熟考してみませんか?「ここは”は”かな?それとも”が”かな?」と考えることが重要です。音読してみて、より「しっくりくるほう」を選んでくださいね。

 

4.行間の使い方にも注意!

Webライティングにおいて、文章力というのは本文だけに該当するのではありません。記事を書くなかで重要な要素の1つとして、行間があげられます。行間の使い方が、読みやすさを左右するといっても過言ではないのです。

行間がなくびっしり文字が敷き詰められた文章というのは、読者の読む気持ちを削ぐものです。行間がない文章は、たとえ内容が難しくなくとも、読む気持ちを初見で喪失させてしまいます。

私の場合は、本文においては「2,3文書いたら1行あける」をベースにしています。また、大見出しが変わる際は2行あけるなど、自分のルールに従って記事を作成しています。

いろんなパターンを試してみて、プレビューで客観的に記事を見てみましょう。読者目線で確認した時に、読みやすいと感じた行間を記憶しておくと◎です。この機会に、自分特有の「行間ルール」を決めてくださいね。

 

5.個性のある内容にしよう

他ブログの真似をして、語尾や言い回しを少し変えた、いわば”リライト”の文章を書くライターが数多く存在します。その人たちの文章を読むと、一目瞭然で「リライトだな」とわかります。

なぜなら、そのような文章にはライターの主観が書かれておらず、個性を感じないからです。文章力をあげるには、主観も大事です。自分の考えを持ったうえで記事を書くと、自然と文章に個性が出てきます。

クライアントも、無機質な文章を求めるのであればリライトツールを使用するはずです。そうではなく、私たちライターに仕事を依頼してくださるのは、そのライターにしか書けない記事を欲しているからです。皆さんには、その期待に応えられるライターになっていただきたいものです。

個性のある記事をつくるためには、自分の意思をもって文章を書くことに意識しましょう。早い段階でこの癖をつけておくと、ライターとしての成長スピードが速く、得意ジャンルに特化したプロライターになれますよ!

 

 

文章力アップは報酬アップの第一歩!

文章力は、間違いなくライターにとって必要不可欠なスキルです。文章力が上がることでライティングの依頼は増え、文字単価も上がります。今回ご紹介したポイントを意識しながら記事を書いてみてくださいね!

ライターが身につけておくべきスキルは、文章力の他もあります。以前の記事に詳しくまとめていますので、そちらを参考にしてください。

お時間がある方は、関連動画もどうぞ!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。