私流の上手にライティングを書くコツとは何なのか

私流の上手にライティングを書くコツとは何なのか

上手なライティングとは

ライティングの技術を向上させたいけれど、実際どのようにライティングをすればいいのか分からない人が多いと思います。

しっかり読んで貰うように記事を書いていくのは慣れも必要になるのですが、そもそもどのように書けばいいか分からずに、挫折をしたり、飽きてしまう人も多い事でしょう。

私自身も記事を書くのが得意ではないですが、それでも1年半以上もライティングを経験し、それなりに書き方のコツ等を掴んできました。

書き方は人それぞれですが、私なりに書きやすいコツについて3つ程紹介していきます。

自分の得意分野を把握しておくのがコツ

記事を書く上で大事なのは正確な情報と、それに関する知識が重要です。

自分が知らない知識でも、ライティングの依頼があり、契約をした場合は記事を書かなくてはいけません。

知らない知識なので、一から調べないといけないですし、複数の記事を見て要約してから書かないといけませんので、時間も手間もかかってしまいます。

また、当然ながら知識も浅いので、全体的に内容の薄い記事になってしまいがちです。

自分の得意分野や、深い知識を持ち合わせている内容の記事を書く場合だと、ある程度情報を集めてから自分の言葉で記事を書けますし、要約する場合も時間も手間もかからずに記事を書く事が出来ます。

ライティング初心者の方はまず自分の得意分野から記事を書くようにし、慣れてきたら他の記事へ挑戦するといいでしょう。

文章の構成を意識して書くのがコツ

文章の構成を意識して書くのがコツです。

私の場合は「結論」→「理由」→「自分の意見」→「まとめ」の順番で書いています。

記事を読む人は記事の内容よりも、結果が気になるはずです。

長々と文章を書き、最後に結論では読む側からすれば結論を知りたいだけなのに、長々と文章を読ませられるのは大変です。

なので、まずは結論を書き、読み手側が知りたい情報を先に書くのをオススメします。

その後に何故このような結論になったのかを書いたり、自分の意見を書く事で読みやすい文章になり、最後に全体のまとめを書く事によりキレイに文章がまとまるはずです。

複数の案件を抱えておくようにするのがコツ

ライティングをしていると一つの記事ではなく、複数の依頼者から複数の案件を依頼される場合があります。

私の場合は一つの案件だけでなく、複数の案件がある方が記事がはかどります。

どうしても一つの記事だけをじっくり考えたり情報収集をしても、書けない時、考えがまとまらない時がありますが、そういった場合、一度その案件を置いておき、全く別の案件に取り掛かる事で気持ちのリセットも出来ますので、結果的に記事を書くのが捗ります。

ただし、あまりにも案件が多くなってしまうと、納期ギリギリになってしまったりする為、記事のクオリティが下がりますので、自分の出来る範囲で受注するようにしましょう。

文字数等は気にせずに書いてみるのがコツ

依頼された記事の場合、文字数が○○文字以上となる事がありますが、まずは気にせずに好きなように書くのがコツです。

「結論」→「理由」→「自分の意見」→「まとめ」というのを前提に、好きなように書き、書き終わったら文字数を確認してみましょう。

確認し、文字数が足りない場合、見出しの一つに肉付けをしたり、新しい見出しを増やしたりし、必要な情報を盛り込んでいきます。

もちろんいらない文章もありますので、添削しながら記事全体がまとまる様に仕上げていくのです。

これは文字数が多い案件の場合に非常に役立つコツで、ライティング初心者の方はぜひ取り入れておきましょう。

まとめ

これはあくまでも私流のライティングのコツですので、全員に当てはまるわけではありませんが、ライティングの仕方に悩んでいるのであれば、これを参考にしてみるのはどうでしょうか?

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。