ライティングの仕事を獲得するにはこれをやっておこう

ライティングの仕事を獲得するにはこれをやっておこう

仕事を獲得するには

ライターの仕事は会社に行き仕事を待っているのとは違い、自分から動いて仕事を獲得するかが重要になってきます。

しかし、ただ動いてばかりいるだけでは思うように仕事を獲得出来なかったり、自分が思っているのとは違う仕事を獲得したりと上手くいかない事もあるでしょう。

ライティングの仕事を獲得するのは、ネットの世界とは言え、相手がいる事でもあるので、仕事を獲得したかったら工夫をしなければいけません。

ここではライティングの仕事を獲得しやすくなる方法について紹介していきます。

自分のプロフィールを充実させる

ライティングの仕事を獲得するにはクラウドソーシングに登録して仕事を獲得するのが主になってると思います。

その登録の際に、自分の個人情報を登録するのですが、本人確認の為に、書類を提出したり、基本情報を入力したりします。

これらの情報を入力しなくても始める事が出来るのがクラウドソーシングの良い所でもあります。

良い所でもあるのですが、顔も見えない相手にいきなり仕事を任せるのもクライアント側からすれば信用出来るか心配になります。

その為、少しでも情報があった方がクライアントも安心して仕事を任せやすくなってきます。

個人情報なので全部とまではいきませんが、ある程度基本情報を入力しておいた方が仕事を獲得しやすいと言えるでしょう。

言葉遣いは丁寧に

クライアントと契約する前に事前にやりとりをしますが、その際に言葉遣いに気をつけ、丁寧に話すように心がけましょう。

ネット越しとはいえ、相手がいますので、最低限の挨拶だったり、ですます調に言葉を統一する事で相手に好印象を持たせます。

相手から好印象にならないと今後仕事の継続が難しくなりますし、もしかしたら契約すら出来なくなるかもしれません。

相手がいる仕事なので、ビジネスマナーは身に着けておいて損はないでしょう。

既に書いた記事はとっておくように

ある程度記事を書いていると、書いた記事がストックされていくと思います。

この書いた記事は、自分がどんな記事を書いたか、どのような文章で書いているのかをクライアントが分かる名刺のような物です。

クライアントが望む記事を書いて貰えるかどうかの指針になりますので、契約前に記事を見せておけば契約にも繋がります。

また、その記事でお互いに納得がいく記事が書けるかが契約前に分かりやすい為、余計な手間がかからずに済むというメリットもあります。

お互いに余計な労力を使わないで済みますからね。

コワーキングスペースで仕事をしてみる

自宅以外で仕事が可能な場合、コワーキングスペース等、外で仕事をする事で仕事を獲得出来る事があります。

コワーキングスペースではパソコンを使い仕事をしている人がたくさんいます。

そこで交流を深める事でお互い何の仕事をやっているかが分かりますし、仕事を発注している人がいた場合、直接ライティングの仕事を頼まれる事があります。

クラウドソーシングサイトとは違い直接の契約なので手数料もかかりませんし、直接対面しているので、信頼関係も築きやすいと言えるでしょう。

まとめ

仕事の獲得方法はプロフィールを充実させたり、言葉遣いを丁寧にしたりと細かい所をしっかり書いていけば得られる事があります。

しかし、自分から行動をしないと待っているだけでは獲得が難しい側面もあるので、自ら行動を積極的に行い仕事を獲得していきましょう。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。