クライアントを見極めよう ~案件応募のポイント 初級編~

クライアントを見極めよう ~案件応募のポイント 初級編~

のっぺらぼうには要注意

クラウドワークスで案件に応募するときには、かならず、クライアントの画像を見てください。

気になる案件をクリックした後に、〇の位置の画像が、このようにのっぺらぼうのときは、〇の画像をクリックしてみましょう。

クライアント情報のチェックポイント

〇の画像をクリックしたら、クライアント情報が出てきました。
よく見てみましょう。

① 会社概要  登録なし
② ありがとう 0
③ ☆評価   なし
④ 募集実績  1件

このような場合、どんなに条件の良い募集であっても、応募しない方がよいでしょう。
なぜか?

返事はおそらく
「募集はいっぱいになったので、下記のラインにアクセスしてください。
 違う募集をご紹介します」
だからです。

契約をしないのにライン誘導を促されるときは、ねずみ講や名義貸しなどの危険な勧誘もありますから、くれぐれも注意してください。

クライアント情報でわかること

一方で、クライアント画像にイラストや写真が入っている案件の場合は、画像をクリックすると、クライアントがどんな会社(あるいは個人)なのかがわかります。

これまでにどんな募集をしてきたか(募集実績)、ワーカー側からの☆評価、これまでに仕事をしたワーカーからのメッセージなども確認することができます。

もちろん、クライアント画像がのっぺらぼうでも、すべてがインチキなわけではありません。
ですから、かならず画像をクリックして、よく確かめることが重要です。

ありがたい認定クライアント

クラウドワークスでは、認定クライアントの表示があります。

〇の部分が認定クライアントの証明です。
クラウドワークスが、クライアントのこれまでの実績から、信頼できると認めた証です。

幸いにも、私には、認定クライアントの継続案件が1件あります。
そのクライアントさんは、いつも対応が迅速丁寧で、報酬も源泉徴収やシステム手数料を差し引いた後の、私の手取りが5000円になるように契約金額を調整してくれています。

契約も、マイルストーンだと何本書いても実績は1件ですが、このクライアントさんはマイルストーンを使わずに、1件終わるとすぐ次の1件をスカウトで下さるので、実績も着々と伸びています。
本当にありがたいクライアントさんだと、いつも感謝しつつ、仕事をしています。

認定クライアントの募集をみつけたら、それが自分のやってみたい案件であれば、積極的に応募してみることをおすすめします。

案件探しはこまめにチェック!

日によって、不思議なくらい並ぶ案件が違います。
ですから、こまめにチェックをしてみてください。
運のよい日には、素敵な出会いが待っているかもしれませんから・・・

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。