Webライターとしての第一歩を踏み出す方法とは?

Webライターとしての第一歩を踏み出す方法とは?

Webライティングとはどのような仕事なのか?

在宅ワークに興味を持たれている方は、「Webライティング」という仕事を一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?

Webライティングは、Webサイトやブログなどに載せる記事を書く仕事です。

記事を書くと聞くと、ビジネスニュースのような難しい文章を書かなければいけないのかとイメージしてしまいがちですが、Webライティングでは、自分の得意な分野を生かして記事を書くことができます。

ビジネス系では転職・副業、マネー系では投資・クレジットカードなど、女性向けでは、ファッション・美容・化粧品・サプリ・健康食品などに関する記事作成の仕事があります。

また、生活を楽しく便利にしたり、家事の時短につながったり、家計の節約につながったりするライフスタイル系の記事を作成する仕事も多数あります。

さらに、エンタメ系に関心があれば、テレビ番組・映画・芸能人などに関する記事を書くことができますし、旅行・アウトドア・釣りなどの趣味があれば、自分の趣味に関する知識を同じ趣味を持つ人に伝える記事を作成することもできます。

でも、私には記事を書いた経験がないし、Webライターが友人にいるわけでもないから、Webライティングの仕事をどのようにして探すのかが分からないという方も多いのではないでしょうか。

最初は私にもそのような悩みがありましたが、クラウドソーシングをきっかけに、少しではありますがWebライティングで収入を得ることができました。

クラウドソーシングでWebライティングの仕事を探す方法

クラウドソーシングとは、企業やブログ運営者などの依頼者が、インターネットを介して不特定多数の人に業務を委託する業務形態です。

クラウドソーシングサービスを利用するためには、会員登録やプロフィールの登録が必要ですが、それらを行った後に、依頼者からの募集に対して自分から応募をすることで、人脈がなくても仕事を受注できます。

依頼者と受注者をつなぐクラウドソーシングサービスを行っているサイトとしては、クラウドワークスやランサーズなどがあり、ライティングに特化したクラウドソーシングサイトには、サグーワークスやShinobiライティングなどがあります。

私が初めてWebライティングで報酬を得たのは、クラウドワークスで探した、ブログ掲載用の300字程度の記事作成だった記憶があります。

普段の生活であった出来事の延長線上で書ける内容の記事でしたので、報酬はごく少額でしたが、たとえ職場からいただく給料と比べてわずかであっても、自分の努力で報酬が得られたことにとても意義があると感じました。

まずは初心者向けの案件に応募してみましょう

Webライティングの中には、特定の分野に関する深い知識を求められる内容の記事や、文字数の多い記事を書くものもあり、そのような案件は経験者向けになります。

けれども、 Webライティングの仕事で募集されている記事の内容や文字数は様々で、Webライティングの初心者でも応募できる案件も多数あります。

まずは、簡単な会員登録で仕事への応募が手軽にできるクラウドソーシングサービスを利用し、自分が関心のある内容で文字数が少なめの案件を探して Webライティングの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。