執筆疲れを自宅でリフレッシュする私の方法

執筆疲れを自宅でリフレッシュする私の方法

執筆疲れを自宅でリフレッシュする私の方法

長時間椅子に座ってパソコンに向かいライティングをしていると、執筆疲れが溜まってきます。
そんな時私が行っている、自宅で簡単にできるリフレッシュ方法を紹介します。
よくあるリフレッシュ方法なので、ゆるく読んでもらえるとありがたいです。

①のんびり入浴する

私は執筆で疲れが溜まった時に、のんびり入浴することにしています。キーボードをカタカタと長時間たたいていると、肩や腕などがこってきますよね。そんな時はのんびり入浴して、体のこりをほぐすことをおすすめします。その際にお気に入りの入浴剤をお湯に入れたり、顔にパックをしてスキンケアをするとさらにリラックス効果がアップするでしょう。私はのんびり入浴する時に毎回入浴剤を入れるので、だんだん入浴剤に詳しくなってきたのも嬉しいポイントです。

②読みたい本を読む

執筆疲れが溜まった時に私は一旦ライティングをするのをストップして、読みたい本を思いっきり読みます。そうするとリフレッシュできるのです。記事を長時間書いていると、だんだん自分の中の文字の貯金がなくなっていくような感覚がするのです。そんな時は記事を書くのをやめて、思いっきり読みたい本を読みます。小説でもビジネス書でもなんでもいいのでじっくり読むと、自分の中に文字の貯金ができた感じがしてリフレッシュできるのです。そしてまた、ライティングをがんばろうと思えるようになります。

まとめ

執筆疲れが溜まった時に私は、のんびり入浴したり読みたい本を読んだりしてリフレッシュしているとお伝えしました。自宅で執筆疲れを適度に軽減しながら、体や心を労って楽しくライティングをしていけたらいいなと思っています。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。