副業としてのWebライティング・ライターの今後

副業としてのWebライティング・ライターの今後

副業としてのWebライティング・ライターの今後

自己紹介
始めて投稿させて頂きます。ブランド品卸しの営業・Webライティング・コンサルティング・の仕事をしております。最新の情報・商品をグローバルな視野で提供します。

1. Webビジネスの将来
昨年来、新型コロナ渦になり、必然的に在宅勤務を実行する企業・個人会社・フリーワーカーが昨年度より急激に増加してます、コンピューターを使用しインターネット上でコミュニケーショを行うことで実務を行って行います。 企業が副業解禁を進めていることで、インターネットビジネスを始める人は増加傾向にあります。その背景では、2019年から「働き方改革関連法案」が施行され、政府が「副業で収入を得ること」を推奨。企業としても、本業以外のビジネスを持つことで社員のスキルアップに繋がるなどのメリットがあります。社会全体として副業解禁の流れが進み、仕事の内容はかなり広範囲に渡りますが副業でWebビジネスを始める人が増加しているのです。

2. Webライターとは
Webビジネスの1つで、Web・インターネット上にあるサイトやサービスの文章を描く仕事。ライティング案件を受注して、納期までに文章や記事を納品することで収入を得ます。報酬は記事単価や文字単価で決まるので、単価を上げていくことで収入を増やすことができる働き方です。

3. 副業としてのWebライター
政府が「副業で収入を得ること」を推奨している事をはじめ、社会全体として副業解禁の流れが進む中、副業としてのWebライターが増加すると予想されます、ライターとしての仕事量も増加傾向にあるますが仕事の受注競争が激しくなると思われます。その中で生き残る為に他者と差別化できる高度なライティングスキルそして個人を含めた社会・企業とのコミュニケーションスキルが求められるようになり、これらに対応出来る自己開発が必要になるでしょう。

報告する

コメント

  1. kazuさん、こんにちは。

    副業OKはどの程度浸透しているんでしょうか。
    フットワークの軽い中小のほうが有利なんですかね。
    うちの会社(いわゆる3メガ)では未だ頑なに✕。
    何かしら手を出してる人はチラホラいますけどね。

    Webライターって、一括りにできないほど幅がありますよねー!
    個人的には電子書籍の伸びしろに注目しています(*^^*)

  2. みことさん、
    返信が遅くなり大変申し訳ありません。今抱えているプロジェクトが忙しく本サークルの確認を失念してました。

    副業OKに関しては、業種によりかなり違いが有ると思いますが、私が本業にしているインターネットビジネスでの物販の業界では、今まで実店舗を主に利益を上げていた中小企業ではインターネットにユーザーの需要が流れ、企業としての収益が激減しており、従業員への給料も下降線をたどっています、そうした状況で従業員が自ら収入を補うために企業に無断で副業をはめるケースが増加してます、それの対応策として企業側は正式に副業を認めることになっているようです。

    副業としてはWebライターは高度なスキルがないと効率的(妥当な収入)な仕事が見つからず、あまり見受けられません。それよりも、せどり・転売・不動産・金融商品への投資を副業としている人たちが私の周りには多くいます。

    電子書籍はずいぶん伸びていると思いまし、今後も成長を続けると思います。個人的には稀少性・トレンド・差別化・をキーワードにライターのスキルを向上させる努力しています。

コメントするためには、 ログイン してください。