ライティングに必要なのは柔らか脳

ライティングに必要なのは柔らか脳

ライティングをすることで一番大切なのは?何ですか?という問いかけに答えるとき必ずと言っていいほど「文章力です!」っと答えるのではないでしょうか。書いている私でさえ相答える確率はほぼ99.99%です。

しかし、本当に大事なのはライティング経験を積んでくるとわかりますが、それ以外にとても重要であり、大事なことがあるということに気が付きます。

それはいったい何かというと「すごく柔軟性に富んだ柔らかい脳」です。このとても柔らかい脳はライティング作業をしていく上で、文章力よりも大事なことです。どうしてそんなにも「柔らか脳」が大事なのかということを少し、自分の経験を交えながら紹介していきます。

ライティングに必要なのは柔らか脳

「柔らかい脳=柔軟性にとんだ回転のいい脳」です。脳が柔らかいということは、ライティングをしていく上で必要なジャンルを問わずに作業が可能な人物ということになります。特定のジャンルのライティングばかりの作業が継続的にある場合でも、この柔軟性は常に必要です。

柔軟性がない=つまらない記事=読みたくない=内容に興味がわかないという、連鎖になり、ライターにとっては致命的ダメージになってしまいます。

この連鎖は、ライティング作業をしている人には、必須的に避けたいこと。ではどうすれば柔らかい脳へと近づけるかを考えて見ます。

柔らかい脳を構築するためには「好奇心」が大事

日常生活において、どんなことに対しても「好奇心」を持つことが大切です。好奇心を持つことにより色々なことに興味が湧いてきます。そして、興味を持ったことなどを色々な目線で見ることにより、客観的や分析性なども同時に、構築されていき、その結果、「良い文章が書ける」ようになります。

「柔らかい脳=広い視野=文章力のスキルアップ」という結果があらわれ、読者にとって「面白そうな記事=内容に興味がわく=とても読みたくなる」という、良い連鎖になり、ライターにとっては、これほど嬉しいことはありません。

日常生活の中に好奇心を取り入れることは、さほど難しいことではないのですぐに実践してみてください!ライティングのスキルアップだけではなく、日常の生活も楽しくなります。

ライティングに大事な3つのこと

ここまで、柔らか脳について学んだことを紹介してきましたが、もう1つ柔らかくなった脳で考えるべきことは、「タイトル」「見出し」「最初の一行」です。

文章を読む時に普通人は、題名=タイトルから見ていくはずです。文章をいきなり本文の途中から読んでいく人は・・・おそらく、いないはずです。

「タイトル」=「題名」がおもしろそう!と感じるから次の見出しに目がいくのです。ですから、タイトルはとても大事なんです。

タイトルが興味をそそるものでなければ、なかなか本当に伝えたいことが書いてある本文にはたどり着いてくれないのが読者ではないでしょうか。

始めは大事!どんなことでも始まりはとても大事だということなんですね。面白く興味あるタイトル&記事を書くには、1つの固執した目線で書かれたものではなく、柔軟性にとんだ柔らかい脳を持つことが必須ということが、わかっていただけたのではないでしょうか?

これからライティングする人にも、ライティング経験を積んでいる最中の人にも、頭の片隅に「柔らかい脳が大事」ということを覚えていていただけると嬉しいです!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。