フリーランスとして働いてみよう

フリーランスとして働いてみよう

突然の出来事

2020年3月某日の朝、人生を大きく変える出来事が・・・

数日前から、腰と脚に痛みが走り、会社を休んでいました。

車に乗ることは辛うじて出来た為、通院しながら痛みが引くのを待ちました。

そして愛娘の高校の卒業式の日。最悪の事態が。

布団から起きられなくなってしまったのです。

そのまま救急車を呼び病院に直行することに・・・

暫くは安静に

医師から「腰椎椎間板ヘルニアですね」と診断されました。

「それでは手術しますか!」と言われましたが、元々チキンな私は、手術を拒み安静の道を選択。

しかし入院中は地獄そのものでした。

痛みが酷くトイレに行くことはできず、ご飯も喉を通らない、夜は同室のおじいさんのイビキがうるさく

一睡もできないという日が続きました。

振り返ってみると

入院生活を重ねていくうちに、ふと人生について考えるようになりました。

ここ約2年半、本業しながら副業2つと予定を詰めて働いていました。すべては子供の学費捻出の為。

振り返ってみると20代前半も同じようにトリプルで働いていました。

しかしあの時とは違う。歳も重ねてきたし、自分の健康を過信していたことに気付いたのです。

「体調が戻って復帰しても、また同じ事態になる。このままでいいのだろうか」と自問自答するようになりました。

今後の人生を考える

退院して、リハビリできるまでになった5月。

しかし心はモヤモヤしたまま。その時Youtubeで、ふとある人のチャンネルが目に留まります。

それは「会社のしがらみから解放されて、自由に生きてます!」という内容のものでした。

それを拝見して、「自分もこうなりたい」と純粋に思いました。

まるで子供が純粋に夢を追いかけるような気持ちに似たような。

それは「フリーランス」「Webライター」という働き方でした。

前進あるのみ

いつしか会社で働くうちに「お金」に縛られるようになっていた自分。

今回入院して思うように動けなくなったことは、神様!?が私を「フリーランス」という新たな働き方へ

導いてくれたのだと考えるようになりました。

そうして実際行動に移して1か月。少しずつライターのお仕事も頂きながら、日々新たな発見の連続です。

しかし今は後悔していません。子供との時間も増え、好きな家事も料理もゆっくりできる。

そして何といっても心に余裕が出てきました。

報告する

コメント

  1. 少しばかり状況が重なるところがあり、言葉のひとつひとつが心に染みわたりました。
    私も今まさにフリーランスへの道を歩み始めて、勉強やら仕事やらを同時進行で勤しんでいるところです。
    何にしがらみやストレスを感じるかは人それぞれですが、やはりそういったものから解放されて、
    自分らしく生きられたら何よりですよね。

  2. 雨月丸様 
    コメントありがとうございます。

    また共感いただき嬉しく思います。

    そうですね。働き方は生き方は人それぞれありますので

    その中で自分らしくそして楽しく生きられたら最高ですね!

    お互いに日々勉強を継続して、1年後には今より成長したフリーランサーになっていられるよう

    頑張りましょう。

    ありがとうございました。

コメントするためには、 ログイン してください。