【副業Webライター】3か月目にして見えてきた課題

【副業Webライター】3か月目にして見えてきた課題

【課題その1】時間の捻出

副業Webライターとして活動すること、早3か月目に突入。そこで見えてきた課題がいくつかあるので、こちらで皆さんとシェアしたいと思います。

まず一番にいえるのが、「いかにして仕事の時間を捻出できるのか」について。
3足のわらじを履きながら、子育てや主婦業もしなければいけない私は、いかにして時間を作り上げるかが大事な要素となってきます。

時間はまだまだ足りていませんが、私が実践していることは以下の通りです。

~自分で何でも抱えない~

まず、「子育て・家事は母の仕事」という固定観念を捨て、周りを頼ることです。
完璧主義な一面を持つ私は、つい最近まで周囲に頼ることなくやってきてしまいまいました。
しかし、精神的に肉体的に限界というものはあります。

私の場合は保育園や主人を頼ることで、時間がないー!とイライラしながら仕事や家事に追われるが多少減ったのではないかと思っています。
限界が来る前に自分の心の声をキャッチし、周囲に助け舟を遠慮なく声に出すことは大事なことですね。

~タイムマネジメント~

ついついやってしまいがちなのが、休憩時間にだらだらと無駄な時間を過ごしてしまうこと。

たいてい夜に休憩時間ができるのですが、そこでつい仕事に関係のないゴシップ記事を見て、無駄に時間を費やしてしまうことがよくありました。

「休憩時間は〇分!」「ネットサーフィンは〇記事まで!」などと数字を予め設定しアラームをかけておくと、切り替えがしやすくなりおすすめです。

また、すきま時間に関しても、「今から10分時間があるから、記事の校正をしよう」など、限られた時間の中でもできることを見つけていくことも大事なことだと思っています。

ゴシップ好きな方は、Yahoo!ニュースは極力目に入らないようにしておくとよいですね(笑)

【課題その2】 記事執筆時の時間短縮

「まだ駆け出しライターだから仕方ない」という言い訳は、あえて使いません。
ある程度の文字数の記事執筆を数件こなしてきましたが、毎回思うことがあります。
それは一記事あたりに相当な時間を費やしているという現実です。

よく巷では「作業時間を時給換算をしてみよう!」と言われているところですね。
いやはや、末恐ろしくて時給換算できておりません。

有益で信ぴょう性のある記事を執筆するために、リサーチを入念にするのはよいことですが、効率よくテンポよく記事を執筆する観点からすると、かけ離れています。

一定のスピード感を保ちながら、コンスタントに記事を書けるようになることが、当面の目標です。
ここでもタイマーをうまく使いながら記事を執筆していきたいと思います。

余談になりますが、愛用のSiri(シリ)がタイマー設定など効率よい作業環境づくりに一役買っています。

終わりに

以上、赤裸々に語らせて頂きましたが、これらが私のWebライター3か月目にして見えてきた課題です。

同時にWebライティングの面白みが見え始めてきた時期でもあるので、これがメインの収入となるように恐れず前に進んでいこうと思っています。ライターの皆さん、一緒に頑張っていきましょう!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。