Webライター初心者でもできる!リサーチ・ライティング方法

Webライター初心者でもできる!リサーチ・ライティング方法

Webライター初心者でもできる!リサーチ・ライティング方法

Webライターを始めたばかりで、どのようにリサーチしたらいいか困惑していませんか?リサーチはできるようになったけど、リサーチ時間がとても長い・・・なんて思っていませんか?
リサーチを効率的に行えるようになると、Webライターとしてのスキルも一気に上がります。
今回は、Webライター初心者でも簡単にできるリサーチ・ライティング方法をご紹介します。

リサーチの時間を長く設ける

執筆する時、いきなりPCで文字を打ち始めていませんか?
まずは、リサーチする時間を長く設けることからスタートしましょう。
リサーチ時間を長くすることで、結果的に執筆する内容が良くなるのです。

複数のキーワードを拾う

例えば、執筆するためのキーワードが1つあるとします。
あなたは今までそのキーワード1つでしか検索を行ってきませんでした。
それを、キーワードを検索する時に表示されるキーワードまで検索するのです。
また、1つのサイトしかリサーチしていなかったところを、複数のサイトを跨ぐことで、より多くのキーワードを見つけることができます。
このように、多くのキーワードを拾うことで、より多くの情報を得ることができます。

上位5サイトの見出しを見る

キーワードを得た次は、そのキーワードで検索して出てくる上位5サイトを詳しく見ていきます。
その中で、上位5サイトの見出しをピックアップしていきます。
そして、集まった見出しから、自分が書けそうな見出しを選びます。
次に、その見出しの順序を入れ替え、構成を練っていきます。
このように、上位5サイトをリサーチして見出しを抽出することで、構成が作りやすくなります。

質問投稿サイトを活用する

Webライターがリサーチ時に躓くのは、読者がどのような層で何を思って記事を読んでいるか推測することではないでしょうか。
そのような時は、先ほど得たキーワードを、質問投稿サイト(Yahoo!知恵袋、Yahoo!知恵袋、発言小町など)で検索します。
こうすることで、読者層と悩みが推測しやすくなります。
この際気を付けるのは、記事のメインターゲットと異なる読者の意見は省くことです。
例えば、「スマートフォンを購入したい人向け」の記事を書くのに、「スマートフォンをすでに持っていて、具体的な使い方を聞いている人」の意見を入れると複雑になってしまいます。
ここでは、情報の取捨選択がコツとなってきます。

執筆にとりかかる

今回は、
・複数のキーワードを拾う
・複数のサイトを参考にする
・上位5サイトから見出しを抽出し、構成を練る
・質問投稿サイトから読者層を推測する
以上のテクニックをご紹介しました。
私も実際にこのテクニックを使用して、Webライターを始めました。
リサーチを十分に行うことで、執筆速度も格段に上がります。
リサーチ力を上げて、信用できる記事を執筆するWebライターを目指しましょう。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。