Webライターを助けてくれるライティング本おすすめ3選

Webライターを助けてくれるライティング本おすすめ3選

こんにちは。副業Webライターのゆつきです。

初心者Webライターの私はまだ経験も浅く、手探り状態で少しずつお仕事をしています。
そんな私のおすすめライティング本3冊をご紹介します。

・Webライターをはじめよう!と思わせてくれたきっかけの本
・書けないと悩んでいたときに助けてくれた本
・書くのに時間がかかりすぎて疲れきってしまうのを助けてくれた本

繰り返し読み返したくなる本です。

ライティング本おすすめ 「内向型を強みにする!努力が苦手な根性なしOLが副業Webライターで月5万稼いだ話」

1冊目におすすめするライティング本は、七瀬ユウさんの電子書籍です。

内容がすべてタイトルに出ていて、わかりやすいですね。5万円を稼ぐまでの具体的なステップが書いてあり、読んだあとにすぐ行動に移すことができます。読んだ人を行動に移させる“Webライターの本”だなと感じます。

本の内容は下記のような項目になっています。
・Webライターはどんな仕事なのか
・内向型がWebライターに向いている理由
・副業で月5万円稼ぐための心構え・具体的なステップ
・記事の書き方

「内向的を強みに」「根性なし」「副業」「月5万」といった内容が、とにかく私に刺さりまくりました。
普通に会社で働くうえで評価されにくい「内向型」が活躍できる場所がある。そしてそれが、自分の好きなジャンルであるということ。それを教えてくれ、希望を感じることができました。時々読み返して、Webライターをはじめたい!と感じた時のことを思い出しています。

Webライターをはじめたばかりの人や、内向的であることを悩んでいる人におすすめの本です

 

 

ライティング本おすすめ 「20歳の自分に受けさせたい文章講義」

2冊目におすすめするライティング本は、古賀史健さんの新書です。

たくさんのライターさんがおすすめしていたにもかかわらず、20歳かぁ、私向けではないな…。と考えて読むのが後回しになった本です。結果、真っ先に読むべきだったと後悔しました。
最初のページにある「書く技術」は一生使える武器になるという言葉でまずやる気が湧いてきます。

Webライターが文章を書くときは、型を使えばいい。それはわかった。でも…書けない。型や文章術を知る以前に、足りないものがある。そう感じていた時、助けになった本です。

本の内容は下記のような項目になっています。
・話せるのに書けないのはなぜか
・その気持ちを「翻訳」しよう
・文章は「リズム」で決まる
・構成は「眼」で考える
・読者の「椅子」に座る
・原稿に「ハサミ」を入れる

文章が書けずに手が止まってしまう人や、自分の文章が読みにくいと感じてしまう人におすすめの本です。

 

 

ライティング本おすすめ 「10倍速く書ける超スピード文章術」

3冊目におすすめするライティング本は、上阪徹さんの本です。

「速く書くために大事なこと」が詰まっています。その理由も深く掘り下げて書いてあり、納得しながら読むことができます。

書くことに時間がかかってしまい、疲れや焦りなどで消耗していましたがこの本に出合って希望が見えました。
実際に素材の集め方を参考に書いてみたところ、以前よりも苦痛なくスラスラ書けました。ほかの項目も実践しようと考えています。

本の内容は下記のような項目になっています。
・なぜ文章を書くのに時間がかかってしまうのか
・素材文章術
・正しい素材を集める2つのルール
・素材の集め方 組み立て方
・一気に書き上げる 読みやすく整える

実践編として、文字数に合わせた素材の組み立て方が800文字・2000文字・5000文字とそれぞれ書かれていて、速く、文字数の多い文章を書くための技術を知ることができます。

書くのに時間がかかってしまい、辛い。うまく伝える文章が書きたい。長文を速く書けるようになりたい。そんな人におすすめの本です。

報告する

コメント

  1. はじめまして!ライティングと出会えて本当によかったです!

  2. コメントありがとうございます(*^^*)

コメントするためには、 ログイン してください。