”駆け出し母ちゃんライター”の一日をご紹介します

”駆け出し母ちゃんライター”の一日をご紹介します

自己紹介

こんにちは。
記事をご覧いただきありがとうございます。
はなと申します。

簡単な自己紹介をさせてください。

私は小学生と保育園児の2児の母です。
7月まで事務のお仕事をしていましたが、在宅ワークに変えました。
今はクラウドワークスでライティングのお仕事をさせて頂いております。
こちらのライターズサークルのお仕事もクラウドワークスで頂きました。

今回はwebライターとして始めたばかりの、とある母ちゃんの一日をご紹介します。

平日は午前中が肝!

朝、子どもたちのご飯を食べさせ長男を学校へ送り出し、その後次男を保育園へ送っていくことから一日が始まります。
帰宅後、子どもたちが散らかしたおもちゃや本を片付けてそのまま掃除。
トイレ掃除やお風呂掃除、ゴミ出しもチャチャっと。
終わるのが9時15分くらいで、その後ストレッチや体操をします。
椎間板ヘルニア持ちなので、お仕事前のストレッチは欠かせません。
それでも先日ぎっくり腰をやってしまいました。
ライターのみなさま、お気をつけください…。

そしてライティングのお仕事に取り掛かります。
午後になると身体がだるくなってくるので、元気なうちの午前中に集中して行うようにしています。

ライティング のお仕事を始めてから日が浅く、受注できる数もまだまだ少ないのが現状です。
だからといってダラダラと過ごすのは時間が勿体ない。
この時間にライティングの勉強もやっています。
今はYoutubeやブログでライティングのコツなどを無料で学べるのでありがたいですね。

そして来月立ち上げようと思っているブログの記事をまとめます。
なぜ、今すぐ始めないのかって?
始めたいのはやまやまなのですが、記事のストックを作っておきたいのと、月初めの方がサーバー代が安くなるからです(1ヶ月契約なので、月の途中より頭から始めた方が長く使える)。
常にネタに困らずパパッと執筆できる技術があればいいのですが、石橋を叩いてドリルで穴を開けても壊れないのを確認してから船で渡るような性格でして、ある程度のストックを作っておかないと不安なのです…。

午後はお買い物や銀行などの用事を済ませます。
余った時間でまたライティング の勉強をする事もありますね。

15時を過ぎたら子どもを保育園へ迎えに行き、そこから夜までは母モード。
遊びの相手をしたり、宿題を見たり、晩御飯を作ったり。
子どもたちを寝かしつけてから「もうちょっとやろうかな…」と思うのですが、大抵子どもたちと一緒に寝てしまいます。

休日は無理をしない

土日や祝日はお仕事をしません。というかできません。
子どもたちが遊んでいるうちにやろうと思えばできますが、今は仕事を理由に子どもたちに我慢させたくないので、できるだけしないようにしています。

まとめ

駆け出しの母ちゃんライターの1日はこんな感じで、あっという間に過ぎていきます。
無理をすればもっとライティング のお仕事に時間はとれるのですが、色々あって自分にも子どもたちにも無理な生活をさせないために今の仕事に変えました。
自分らしく生きるために今の生活スタイルになりましたが、子どもたちが大きくなったら、それもまた変わっていくのでしょう。
その時その時に大事なものを大切にして、これからも長〜くライターの仕事を続けていくのが夢です。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。