読書が苦手なライター必見!読書が苦手な僕でも読めたおススメ本2冊!

読書が苦手なライター必見!読書が苦手な僕でも読めたおススメ本2冊!

読書とは無縁のWEBライター

Webライターを目指すにあたって、「本をたくさん読まなければいけないんじゃないか、、、」
僕も、そんな不安を持っていました。

しかし、読書をするというのは教養を深めたり、知識を得るためにするもので、ライティングの技術が身に付くかと言われるとそうではないと思います。

小説家や脚本家を目指すのであれば、色んな本を読んで、様々な表現方法を学ぶべきだと思いますが

WEBライターはある程度の基礎と、綺麗な日本語で文章を書くことが求められているので、読むにしてもライティングの本に限定するべきです。

なので今回は、読書が苦手な人でも簡単に読める本を2冊ご紹介したいと思います。

「この記事の本さえ読めば充分」といった本ですので、最後まで必ず読んでください。

1冊目「沈黙のWebライティングーWebマーケッター ボーンの激闘ー」

この本は、数多くの有名なブロガーさんやライターさんが紹介する、界隈では有名な本です。

この本を読まなくて他にどんな本読むの?となる、内容の充実さと分かりやすさがあります。

学生時代の読書感想文にヒーヒー言っていたぐらいのレベルの僕でも、簡単に読めてしまう一冊です。

最初にこの本を取った時は、あまりの分厚さに読むのをためらう程でしたが、
文字だけがびっしり書かれているようなものではなく、要所に漫画が描かれており、読んでいてしんどくならない設計になっています。

内容も図解や例題を提示しながら解説してくれていますし、専門用語・文章の書き方・マインドまで網羅されており、これ以外の本読む必要がほとんどなくなる一冊です。

気になるお値段も600ページ越えのボリュームで、2000円+税とお手頃価格なのも嬉しいポイントです。

2000円の投資で、ブロガーやライターに必要な最低限の知識が得られる「沈黙のWebライティング」

まだ持っていない方は、ぜひ一度手に取って見てください。

2冊目「アソビくるう人生をきみに。」

この本は、僕がフリーランスWebライターとなるきっかけを作ってくれた一冊です。

ブロガーの「執筆屋 あんちゃさん」が出された本で、フリーランスとしての生き方について書かれています。

キャッチーな内容で書かれており、堅苦しい表現も少ないので、読書が苦手な人でも読みやすい一冊になっていておススメです。

正直、ライターとしてのスキルやノウハウを学べる本とは言えませんが、フリーランスに大事なマインドを教えてくれる、ライターにも活かせる内容が多い本です。

ライターとして、スキルを学んだり案件を受注して実践することはとても大切なですが、途中で挫折する人が多い仕事でもあるのが事実です。

僕も実際にライターを経験していますが、この本を読んでいなければ挫折していたかもしれません。

「フリーランスにはとんでもない試練があって、辛い状況も多々ある、決して楽とは言えない仕事」

そんな風なことを事前に知れていたからこそ、今も挫折することなく続けられています。

ライターをしている方なら分かると思いますが、ライターは孤独な職業です。

1日中、クライアントとのやり取りを文章で済ませるだけで、誰とも会話しないなんてこともざらにありました。

そんな状況でライティングスキルよりも大切な物は、マインドだと考えています。

あんちゃさんの「アソビくるう人生をきみに。」は、そんな大切なマインドの事を教えてくれる一冊になっています。

是非一度手に取ってみてください。素晴らしいマインドを手に入れることが出来るはずです。

最後に

今回紹介した2冊は、読書が苦手な僕でも、何度も繰り返し読める本です。

読書が苦手だけど、ライターの勉強がしたい方はぜひ読んでみてください。

あなたの素敵なライターライフを心からお祈りしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。