初心者がクラウドソーシングで採用されるためのポイント

初心者がクラウドソーシングで採用されるためのポイント

クラウドソーシングサイトに登録したけれど、採用されないとお悩みの方
いらっしゃいませんか?

実績数が少ないうちは、たくさんの応募をしてもなかなか採用されませんよね。

そんなあなたにご提案。
たった3つのことを実践するだけで案件が取れるようになります。

①プロフィールを充実

クライアントが見るところですので、ていねいに作りこみます。
実績数の多いワーカーのプロフィールを参考にしましょう。
プロフィール欄は見やすいように小見出しをつけます。

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
○○と申します。
【経歴】
 〇〇大を卒業後、企業にて〇〇と〇〇の経験があります。
 また、アルバイトでは〇〇の経験があります。
【実績】
 ライター歴 〇年
【得意ジャンル】
 子育て・エンタメ・留学
【趣味】
 料理・ガーデニング・映画鑑賞
【資格】
 宅地建物取引主任者・MOS
【稼働時間】
 平日は3~4時間
 土日・祭日は5時間の稼働が可能です。
【連絡可能時間】
 平日は18時~22時
 土日・祭日は10時~22時

 誠意を持って対応致します。気軽にご連絡ください。

稼働時間連絡可能時間はクライアントが採用するにあたって
重要なポイントとなりますので必ず書きましょう。

②タスク形式の仕事をする。

プロフィールを作り終えたら、まずタスク形式の仕事をある程度こなしましょう
タスク形式の仕事は実績数にはカウントされませんが、承認件数や作業承認率が
あがります。
どれだけ正確に仕事をしたかのアピールになりますので手を抜かずに頑張りましょう。

③素早く応募

次に、実績をひとつ作るための応募をしましょう。

仕事検索をしていると、「簡単!〇〇講座の感想をお願いします」といった
タイトルの案件があります。
内容は、5回程度の動画視聴やメルマガ購読とその感想となっています。

初心者をターゲットにしたブログやプログラミングの講座への勧誘や、コンサルティングの営業です。
評価の高いクライアントを選び、応募しましょう。
高確率で採用されます。

採用された後は、募集内容通りに講座やメルマガの感想を書いて納品。
指定回数が終われば、ひとつの実績がつきます。

こうしてひとつ実績を作った後は、自分の興味のある案件にできるだけ素早く応募します。
未経験者可の大量募集案件を狙うと採用につながりやすいですよ。

応募の際は、自分の稼働できる時間やアピールポイントを必ず入れましょう。
また、初心者であることなどネガティブな内容は書かないことも大事です。

以上の3つのことを実践するだけで今よりも採用されるようになります。
簡単ですので、ぜひ試してくださいね。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。