分かりやすい文章を書く秘訣【結論:相手に伝わる言葉に翻訳】

分かりやすい文章を書く秘訣【結論:相手に伝わる言葉に翻訳】

「相手に伝わる文章ってなんだろう‥‥」
「どうやって書けば読んでもらえるの?」

と悩んでしまう方もいるかもしれません。

そこでここでは、分かりやすい文章が書ける秘訣を紹介します!

ライターとして慣れてきたけど、伝え方がいまいち不安な方はぜひ読み進めて下さい。

分かりやすい文章が書ける秘訣は価値の翻訳

読者に分かりやすい文章を書くなら、価値の翻訳を意識しましょう!

なぜなら、どんな有益な情報も相手に伝わる文章でないと読まれないからです。

例えば、医療の情報。

「コロナウィルスでPCPSが不足している」

こんな文章があったとしましょう。医療関係者でなければ、これを読んで理解できる人は少ないですよね。

もしこのように書かれていたら、どう感じますか?

「コロナウィルスでPCPSという機械が不足しています。PCPSとは、十分な酸素を自力で取り込めなくなった時の最終手段。まさに命の砦のような機械です。コロナウィルスが悪さをすると、体の酸素が不足して命の危険にもつながります。PCPSは、体内の血液を酸素が多い血液と交換できる機械なのです」

後者の方がグッとイメージしやすいのではないでしょうか?

細かいことは分からなくても、「PCPSが不足=かなりやばい」といイメージができましたよね。

これが価値の翻訳です。

価値の翻訳は「誰に伝えること」から始まる

価値の翻訳は「誰に伝えるか」で決まります!

なぜなら、伝える相手によって伝わる言葉が変わるから。

先ほどの文章をまた例に挙げます。

「コロナウィルスでPCPSが不足している」

医療関係者であれば、この文章だけで「医療現場のヤバさ」がかなり分かります。

医療に関係のない職種の人だと、「何となくヤバイ!」ぐらいにしか伝わらない。

つまり、誰に伝えるかで、使うべき言葉や文章が変わるのです。

価値の翻訳をするためには、まず誰に伝えるのかを意識しましょう!

価値を翻訳できると自然と文字単価が上がる

価値を翻訳できると文字単価が上がります。

なぜなら、クライアントさんの資金を増やすことができるから。

読者の気持ちになって価値を翻訳できると、文章から商品が売れていきます。

文章から商品が売れるようになると、クライアントさんは文字単価を上げるだけの資金が集まりますよね。

・ライターに月1万円使えるクライアント
・ライターに月30万円使えるクライアント

どちらが文字単価が上がりますか?後者ですよね。

価値を翻訳できるようになると、自然と文字単価を上げることができます!

分かりやすい文章を書くには他に3つのスキルが必要!

分かりやすい文章を書く秘訣は、価値を翻訳すると伝えてきました。

しかし、これだけでは不十分です。

他にもこんなスキルが必要ですよ!

・文章が伝わりやすくなるリズム
・目で見て分かる構成の作り方
・何を書かないのかも重要
・読者はあなたの文章をどんな姿勢で読んでいるのか?

など。

上記のことも知ると、より読者に分かりやすい文章を書くことができます。

もし伝わりやすい文章について知りたければ「20歳の自分に受けさせたい文章講義」がおすすめです。

気になる方は参考にしてみて下さい!

◎まとめ

分かりやすい文章が書ける秘訣について紹介しました。秘訣は1つ。

「情報を読者に伝わる言葉へ翻訳する」

これだけです。

伝わる言葉へ翻訳できると、文章が読まれるようになり、ライターとしての表かも上がります。

さらに、文字単価が上がるきっかけにもなるのです。

伝わる文章が書けるようになりたければ、読者に伝わる言葉へ翻訳を心がけましょう!

他にも伝わる文章の秘訣は、こちら。

・文章が伝わりやすくなるリズム
・目で見て分かる構成の作り方
・何を書かないのかも重要
・読者はあなたの文章をどんな姿勢で読んでいるのか?

もしこれらを網羅的に学びたければ、「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を参考にしてみて下さい!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。