リライトやライティングに大切なこと

リライトやライティングに大切なこと

リライトに関すること

リライトといってもたくさんありますし、案件によって書く内容が違ったりもします。

よくあるのが、原稿をリライト(添削)する作業です。これが割と自分で書く内容が多かったりします。元の記事が完成されていたりするので、人によってはすごく難しく感じます。

また、リライトと言われていたものが自分で書くのがほとんどだったりする場合があります。これは自分で書くのが得意な人は前述した案件の内容よりもこちらのほうが仕事がはかどるでしょう。

ライティングに関すること

ライティングは自分でリサーチして、その内容をまとめるものが多い気がします。
リサーチするのは簡単ですが、それをまとめるのが難しいです。

まとめるやり方としては

①リサーチするときに参考にした記事を見て、話しの大まかな流れ(構成)をつかむ。
②見出しの内容をメモする
③必要によって自分による感想であったり考え方を書く

簡単に言うと人の記事の構成真似るのが手っ取り早いです。
ですがそれだけだと内容が薄くなってしまう場合があるので、自分なりに考えた見出し(項目)とその内容を書くといいでしょう。

まとめ

リライトとライティングでは求められるスキルが違ってきたりします。どちらが得意なのか人によりけりです。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。