ライティングの基礎知識がわかる!おすすめの書籍をご紹介します

ライティングの基礎知識がわかる!おすすめの書籍をご紹介します

多くの人に読まれる文章は、どうやって書けば良いのでしょうか。特にライターを始めて間もない頃は、文章の書き方についての悩みが尽きないですよね。

そんな悩みを解決する一冊、「伝えて動かす!WEBライティングの教科書」をご紹介します。この本はライティングに必要な知識をわかりやすく具体例をあげて解説しているので、ライターを始めたばかりの方におすすめです。

今ならAmazonプライム会員は無料でkindle版を読めます(2/15日現在)。また161ページと短いので、さらっと読めるのも嬉しいポイントです。実際に本書を読んでみて、参考になったことを解説していきますね。

わかりやすい文章の構成とは?

わかりやすい文章の構成には、複数のテンプレートがあります。本書の中では7つの型について解説していますが、ここでは有名なPREP(プレップ)法をご紹介しますね。PREP法とは、以下の頭文字をとったものです。

P=結論(Point)
R=理由(Reason)
E=具体例(Example)
P=結論(Point)

先に結論から伝えて、次にその結論に至る理由を述べます。その次に理由の根拠となる証拠を提示して説得力を持たせ、最後にもう一度結論を述べる型です。PREP法はライティングでよく使われる手法なので、ぜひ覚えておきましょう。

読みやすい文章に仕上げるコツとは?

本書では、読みやすい文章に仕上げる9つのテクニックを解説しています。ここではすぐに実践できる「漢字・ひらがな・カタカナの黄金比」について見ていきましょう。

文章の黄金比は「漢字:ひらがな:カタカナ=2:7:1」です。

漢字が連続しすぎていたり、ひらがなが多すぎたりする文章は読みにくいですよね。黄金比のバランスを意識して執筆することで、全体的に読みやすい文章になります。

まとめ

ライターを始めて間もない頃は、「文章をどうやって書いたら良いのか?」「PREP法って何?」と疑問が尽きないですよね。「伝えて動かす!WEBライティングの教科書」を読めば、その疑問を解消し、基本的なライティング技法を学ぶことができます。

本書で書かれていることを実践すると、執筆のスキルが格段に上がります。また本書の後半の部分にはセールスレターやLP(ランディングページ)の書き方も載っているので、ライターとして仕事の幅を広げたい方にもおすすめです。

Amazonプライム会員ならKindle版を無料で読めるので、この機会にぜひ読んでみてください。ライターの皆様のご活躍を、心から応援しています。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。