ライティングでの覚えておきたい2つのリサーチ方法のコツとは

ライティングでの覚えておきたい2つのリサーチ方法のコツとは

ライターの方は、仕事を受注する際にキーワードをもらうことが一般的でしょう。
キーワードが与えられていない場合であっても、ご自身でキーワードを決定されますよね?

ライターが執筆の際に求められていることは、キーワードに対するユーザーの疑問に正しい答えを与えることです。
そしてユーザーの疑問を理解するために、ライターが行う作業が「リサーチ」と言えるでしょう。

本記事では、ライターが覚えておきたいリサーチの2つのコツをご紹介します!

ライター必須の覚えておきたいリサーチの2つのコツ

ここでは、具体的に2つのリサーチのコツを確認しましょう。

以下がリサーチのコツです。

①検索結果の表示上位10記事はすべて読む

②確かな情報筋で確認する

①検索結果の表示上位10記事はすべて読む

キーワードが決まれば、まず行うべき作業は該当キーワードのGoogle検索です。
Google検索の際は、必ずシークレットモードを使用しましょう

シークレットモードを利用せずにGoogle検索をすると、自身の「知りたいこと」に合わせて検索結果が表示されます。
すなわち、日頃の検索ワードや閲覧ページ・サイトに応じた検索結果です。

反対に、シークレットモードを利用したGoogle検索では、自身の普段の検索や閲覧傾向が反映しません。
そのため一般的な検索結果、つまりGoogleに評価されている人気記事の順番で表示されます。

Googleが評価する検索上位の記事は、ユーザーが求める情報や疑問に対する答えです。
ユーザーが探している答えが記載されていれば、自ずと人気記事にもなります。
要するに、人気記事は「ユーザーの疑問に対する答え」です。

よって、Google検索で表示される上位10の記事はすべて目を通しましょう。

上位10の記事を確認したら、次に執筆内容を決めていきます。

執筆内容は、記事の文字数に合わせて決めましょう。

たとえば上位10の記事で多く記載されている事項は、必ず執筆に取り入れます

②信頼できる情報源で確認する

Google検索での表示結果の上位10位の記事をすべて確認したら、次に記載情報の信憑性を確認します。

ライターの仕事は、「ユーザーに正しい答えを与える」ことです。

残念ながら、検索上位に表示される記事であっても、情報が間違っていたり古い場合があります

間違いを防ぎ、「記事の公開時」における正しい情報を提示するためには、信頼できる情報源で内容を確認しましょう。

執筆内容によって、確かな情報の確認先は異なります。

たとえば商品紹介であれば、商品の販売や製造元でしょう。

税金関係であれば、国税局のサイトを確認するべきです。

第三者の記した記事ではなく、各情報の出どころとなるサイトや資料を閲覧と意識すると良いでしょう。

まとめ:リサーチは2つのコツを意識すると、劇的に楽になる!

リサーチの際は、シークレットモードでのGoogle検索の上位10記事を全部読み、情報の確かさを確認しましょう。

2つのコツを覚えておくだけで、リサーチはとても楽になり、ユーザーに「正しい答え」を提供できます!

初めは面倒かもしれませんが、慣れてくるので頑張って続けてみてください!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。