これであなたも幸せになれる!?オススメ自己啓発本

これであなたも幸せになれる!?オススメ自己啓発本

不安や悩みは環境のせいではない?!アドラーの教え

初めまして。
大学生Web ライターのちゃにです。

今回紹介する本は「嫌われる勇気 自己啓発の源流 アドラーの教え」です。
この本は200万部を突破した自己啓発の大ベストセラー本です。

この本をオススメしたい人
・周りの目を気にして行動できない人
・自分に自信が持てない人
・人間関係で悩みを抱えている人

目次

・はじめに
・本のあらすじ
・課題の分離
・最後に

はじめに

「嫌われる勇気」この本のタイトルを見たとき嫌な気分になった。
嫌われても気にするな!って感じの内容だと思ったからだ。
元々自分は人に嫌われるのが嫌で周りの行動に合わせてばかりだった。本当は自分のやりたいこともあった。
でもできない。そんな自分が嫌いだった。

でもなぜかこの本のタイトルが気になって購入した。自分の価値観が大きく変わった。
アドラーの言葉はその時の自分の心にかなり響いた。

その言葉を1つ紹介します。

本のあらすじ

この本は主人公の青年と哲人の対話形式の物語です。
青年は人間関係に疲れて悩んでいることを哲人がアドラー心理学をもとに解決していくストーリーです。

会話の中で青年が悩みを打ち明けていきます。
その悩みの内容が今の現代で生きる若い世代が多く悩んでることです。
読んでいてすごく共感できる部分が多いです。
また青年が哲人に反抗したり、意見したりする場面もあります。
その反論なども読んでいて多くの人が思っていることを反論してくれます。

またビジネス書で対話形式になっている本は少ないので、普段本を読まない人でもかなり読みやすい本です。

課題の分離

このタイトルの言葉は「嫌われる勇気」を読んで一番心に響いた言葉です。

課題の分離とは、自分の課題と他人の課題を分離して分けることです。
例えば
自分の目標や夢に向かって行動する。
これは自分の課題です。

しかし、自分の目標や夢を評価するのは自分ではなく他人です。
その目標に向かって頑張っているかを判断するのも自分ではなく他人です。

自分がどう周りから思われているかも他人にしか決められないのです。
その他人の評価を自分が変えることってできますか?
できないですよね。

つまり、変えられないものに不安や悩みを持っても無駄だということです。
変えられないものは変えられない。じゃあ自分の今したいこと、すべきことをやるほうが大事じゃないですか。

自分はこの言葉をきいてそう思いました。

最後に

「嫌われる勇気」ではほかにも人間関係の悩みであったり、人のトラウマの原因とその解決方法などについてもかかれています。人がどのように生きていけば幸せに生きられるのかについても書かれています。

「嫌われる勇気」は誰もが幸せになれる。幸せとは自分の捉え方次第だと本書には書かれていました。

この本は買って絶対に損はしない本です。
これを読めばあなたの価値観や周りの見え方が変わってきます。

この記事を読んで、本に出会ったことは何かの縁かもしれません。
ぜひ一度購入してみて実際に読んでみてください。

ここまでご清聴ありがとうございました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。