【初心者向け】私のライティングおすすめ書籍を3冊紹介する

「最近、Webライターを始めたけれど、どの本を読めばいいのかわからない。」

「やっぱり、ライティング本をたくさん読むべきなのかな?」

本記事では、上記のような疑問を解決します。

結論から先に言っておくと、本記事で紹介する3冊を読めば、ライティングの知識は学べます。

というのも、正直、ライティング本は、たくさん読めば知識が増えるというわけでなく、実践してこそ知識は増えるわけでして、3冊程度で問題なしです。

そこで本記事では、実際にWebライターとして活動している僕がライティングおすすめ書籍を3冊紹介していきます。

この記事を読むことで、初心者に適切なライティング書籍がわかるため、効率的にライティングスキルが上がります。

 

私のライティングおすすめ書籍①:沈黙のWebライティング

 

「沈黙のWebライティング」は、そもそもライティングとは、どういったものなのか?というところを詳しく解説してくれています。

また、単にライティングについて解説しているだけでなく、読みやすい文章のライティング方法やコツなども紹介されています。

さらに、漫画形式で1つずつ順を追って解説されているため、活字を読むのが苦手な方でもサクッと読める1冊となっております。

 

私のライティングおすすめ書籍②:沈黙のWebマーケティング

 

「沈黙のWebマーケティング」は、Webライターとして活動していくにあたり、マーケティングとは、何かを解説してくれています。

実は、Webライターにとって、マーケティングを知るということは、かなり重要です。

なぜなら、マーケティングができないWebライターは、収入が低くなってしまうからですね。

日記程度でライティングをするなら読む必要なしですが、Webライターとして収入を得たいなら、読まなければ損しています。

また、「沈黙のWebマーケティング」は、先述した沈黙のWebライティングと同様に、漫画形式で話が進んでいくため、初心者にかなりおすすめの1冊ですね。

 

私のライティングおすすめ書籍③:10年使えるSEOの基本

 

「10年使えるSEOの基本」は、SEOの知識をザックリと学べる1冊です。

しかし、「WebライターにSEOは必要ないでしょ?」という方もいるはず。

結論、SEO対策ができるWebライターは、クライアントから重宝されます。

というのも、クライアントは、SEOで集客を考えているからですね。

そのため、単にライティングを学ぶだけでなく、SEOも学びと、Webライターとしてのレベルがアップします。

 

まとめ:ライティングの書籍を読んだ後は、実践しましょう

 

今回は、実際にWebライターとして活動している僕がライティングおすすめ書籍を3冊紹介していきました。

 

・沈黙のWebライティング

・沈黙のWebマーケティング

・10年使えるSEOの基本

 

結論として、ライティングの書籍は、読んだだけでは、ライティング力が上がることはありません。

書籍を読み、実践してこそ、あなたの知識となります。

そのため、本記事を読み終え、ライティング書籍を読んだ後は、必ず学んだことを実践していきましょう。

 

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。