【ライター必読書】人を操る禁断の文章術

【ライター必読書】人を操る禁断の文章術

【ライター必読書】人を操る禁断の文章術

こんにちは、xinbaojiguiです。

突然ですが、あなたはどのようなライターになりたいですか?

「商品を読者に買ってもらいたい」
「伝わりやすく、影響力のある文章を書けるようになりたい」
みたいに思う人は多いと思います。

実際、私もこのような思いを持っていました。

このような人におすすめなのが【人を操る禁断の文章術】です。
メンタリストDaiGoさんの本ですね。

これはどのような本なのでしょうか?

私はこの本を読み始めてから、文章に対する考え方やイメージが大きく変わっていきました。

ここからは【人を操る禁断の文章術】の内容と、読んでみての感想をご紹介します。

内容は?本を読んだ感想

この本の特徴としては、人に行動させるための文章の書き方を紹介している本です。
心理学的観点から、言葉の持っている力についてを教えてくれるものです。

そのため、文法や表現力が優れている美文の書き方については一切ふれていません。
人に影響を与える文章の書き方しか載っていません。

「綺麗な言葉選びのコツが知りたい」
「表現力を身につける方法が知りたい」
このような人には、もしかしたらこの本は向かないかもしれませんね。

文章が秘めている力や文章の目的など、ハッとさせられる内容ばかりです。
ライターにとっては一生の武器となりえるような良書です。
まさに、ライターの必読書という感じですね。

実は、私もこの本を読んで文章の考え方が変わった人のひとりです。

私はこの本を読むまでは、いかに綺麗な文章を書くか、いかに正しい内容を伝えるかが全てだと思ってました。
そのため、文法や表現力が磨かれた文章を心がけて、伝わりやすく分かりやすい文章を書き続けました。

しかし、そうではないことを気づかせてくれたのがこの本だったんです。

綺麗な文章は人の心に届かず、影響を与えることができません。
伝わりやすく分かりやすい文章は、それだけでは不十分です。
このようなためになるテクニックや知識がたくさん載っている本なんですね。

まだ読んでない人は、読むことで大きな気づきがいくつも見つかると思います。

まとめ

今回はメンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」という本を紹介致しました。

この本はライターの必読書と言っていいほどの学びや発見をくれる本です。

「自分の書いた文章が全然読んでもらえない…」
「商品を読者に買ってもらいたいのに全然売れない…」
という人はぜひ読んでみてください。

心理学の観点から、人に影響力を与える文章の書き方を学ぶことができます。
人の行動を文章の力で操ってしまうような事も可能にしてしまうのです。

どのような文章を書けば人は動くのか、どのような切り口で文章を書けば影響をあたえられるのか、いくつもの学びがあります。

これらの発見は、きっとあなたの宝になりますよ。

報告する

コメント

  1. DaiGoさんの本は大学の単位習得試験にも使われてるそうですね‼︎これ読んでみます。ありがとうございました😊

コメントするためには、 ログイン してください。