「分かりやすく表現する」意図を正しく伝えるための技術!【著書のご紹介】

「分かりやすい文章を書きたい」「プレゼンテーションをもっと伝わるように表現したい」など、分かりやすく伝わるようにしたいと悩まれておりませんか?

伝えたいことを相手に理解してもらえるように、文章を書くことや話すことは難しいですよね。

今回、分かりやすく表現するための方法について記されている著書をご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

<「分かりやすい表現」の技術【要約】>

著書では大きく分けて、分かりにくい表現と分かりやすい表現について解説われており、事例をもとに、「意図を正しく伝えるための16のルール」を解説しています。

様々な表現方法について紹介されており、間違った例を取り上げて改善した良い例を取り上げていています。

この著書を読むと、いかに日常生活が「分かりにくい表現」に囲まれているかに気づかされるはずです。

表現のちょっとした違いで、伝わり方は変わりますし、人によって解釈の仕方も変わってきてしまうため、分かりやすく表現して伝えなければ理解されません。

<日常生活に分かりにくい表現はたくさんある!>

文章は、分かりやすい表現でなければ読者に伝わらず、読んでもらえません。

例えば、電化製品やパソコンの取扱説明書を読む際、内容をすぐ理解できず、分かりにくいと思う人は多いのではないでしょうか。

筆者は、「取扱説明書の取扱説明書が欲しい」と述べられており、日常生活で分かりやすい表現が多くなれば、「胃袋が怒りでねじれる回数が減る」とまで仰っています。

例えば、車の運転中に見かける道案内の青看板や文章を分かりやすく表現するための方法など、日常生活に分かりにくい表現は至るところにあります。

日常生活や仕事の際の例をあげており、分かりやすく表現するためにの方法を解説されており、私たちの生活に役立ていくことができます。

<分かりくい文章は読者に読まれない!>

私たちは、文章を読む時分かりにくいと思ったら、その文章を読むのを止めて他の文章に移ってしまい、分かりやすい文章を探します。

分からなという状態は、脳内の整理棚に情報がしまわれていない状態のため、記憶にも残りません。

そのため、分かるということは、脳内の整理棚に情報がしまわれたことで、すなわち、認識したとうことなのです。

自分の表現が相手に伝わらなかった場合、仕事でしたら大きな失敗に繋がってしまうこともあり得るため、分かりやすく表現することはとても大事なのです。

<「分かりやすい表現」の技術!【まとめ・感想】>

ライティングをするのに、読者に読んでもらうために、分かりやすく書くことが大事で、もっと分かりやすく伝わりやすい文章表現できるように、工夫していかなければならにと考えさせられました。

昔と比べて、情報が多く溢れている現代には多くの文章に触れ、自ら適切な情報を見分なければなりません。

情報が多い中で、分かりやすく書いた人の文章が目に止まり読まれるのです。

分かりやすい表現とは、見た瞬間に理解できることだと著書を読んで感じ、分かりやすく表現して伝えることの大事さを実感させられました。

分かりやすく表現して伝わる技術を身につけるために、こちらの著書をぜひ読まれてみてください。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。