読者ニーズを意識した記事構成の作り方|5つのポイント(動画あり)

読者ニーズを意識した記事構成の作り方|5つのポイント(動画あり)

記事の執筆において構成作りは重要!

ネット記事を執筆する際は、構成がとても大切です。ダラダラとまとまりのない文章になっている記事を見てみると、構成が事前にしっかりと練られていないように感じます。以前の記事でも触れましたが、長文記事ほど構成は重要になってきます。

そもそも、読者が必要としている情報を記事に盛り込むことが第一です。そのうえで、読者目線で親しみやすく、スラスラ読みやすい記事を作りましょう。そのためには、構成作りを意識する必要があります。

意外と難しいのが、この構成作りという作業。今回は、誰でもできる構成作りの極意を伝授します。自分が文章を書きやすくなるというメリットもありますので、是非この機会に覚えておいてください!

 

 

構成の作り方5つのポイント

構成作りをするにあたって、おさえてほしいポイントが5つあります。

構成を作る時に気をつけたい、5つのポイント
  1. 検索ニーズから構成を組む
  2. 競合サイトの確認を欠かさない
  3. 見出しに検索キーワードを盛り込む
  4. 大見出しと中見出しの関係性を【問い】と【答え】にする
  5. 構成作成後に文字数を割り振る

これら5つのポイントについて、1つずつ詳しく解説しましょう。

 

1.検索ニーズから構成を組む

まずは、読者が知りたがっている情報を調べる必要があります。たとえば、テーマが「ダイエット」である場合、書ける記事は無数にあります。ダイエットのやり方であったり、ダイエット中の食事であったり、ダイエット中の運動であったり…。

「ダイエット」というテーマにおいて、読者が何を知りたがっているのか。じつは、Google検索の検索窓に「ダイエット」と打ち込んでみれば、ヒントを得ることが出来ます。

こちらは、私のPC画面をスクリーンショットしたものです。検索窓に「ダイエット」と打ち込むと、Googleがサジェストワードを出してきます。この「サジェストワード」がポイントです。

多くの人がダイエットというキーワードで検索する際、次に入力するであろうキーワードをGoogleが予測してくれるのです。「みんな、こういうキーワードで検索していますよ」という、情報をくれるわけです。

つまり、「ダイエット」というテーマを選ぶ場合、「ダイエット中の食事」「ダイエット中に飲むべきサプリ」「ダイエットに有効活用できるアプリ」「おすすめのダイエット方法」など、読者が必要としている内容を選ぶのがおすすめです。検索ニーズを把握したうえで構成を組むと、読者にとって有益な記事を書くことが出来ますよ!

 

2.競合サイトの確認を欠かさない

仮に「ダイエット中の食事」というテーマで書くことが決まった場合、まずは検索窓に「ダイエット 食事」と打ち込んでみましょう。すると、検索結果のページにはずらりと記事が並ぶかと思います。少なくとも、その1ページ目は確認しておくのがおすすめです。

検索1パージ目の記事は、多くの人が読んで参考にしています。どういった記事が読者に必要とされているのか、そこで知ることが可能です。初心者の方は、参考にしながら構成を組むとやりやすいです。競合サイトの確認は欠かさないようにしましょう。

 

3.見出しに検索キーワードを盛り込む

構成を作成するなかで、本文を書く前に大見出しや小見出しを作成するのが基本的な流れかと思います。その、大見出しや小見出しを考える際に気をつけていただきたいのは、見出しに検索キーワードを盛り込むということです。

「ダイエット 食事」というテーマで書く場合は、「ダイエット」や「食事」というキーワードを含む大見出しや中見出しにすると、より分かりやすいです。また、検索で上位に表示されやすくなります。

「全部の見出しにキーワードを盛り込んだぜ!」というのは、やり過ぎですが…。不自然にならない程度に盛り込む、ということを意識してみましょう。

 

4.大見出しと中見出しの関係性は【問い】と【答え】

このポイントは、かなり重要です。大見出しと中見出しの関係性が【問い】と【答え】になるように意識しましょう。例をあげると、今この段落における大見出しと中見出しの関係性は以下のとおりです。

【大見出し】構成の作り方で大事にすべきポイントとは?
【中見出し】構成作りにおける5つのポイント
1.検索ニーズ考慮
2.競合サイト確認
3.検索キーワードの盛り込み
4.見出しの関係性
5.構成作成後の文字数の割り振り

大見出しで「構成作りには5つのポイントがあります。それは何でしょうか?」という問いかけをしています。それに対して、5つの中見出しでは、その5つのポイントを答えとして紹介しています。

このように、大見出しと中見出しを【問い】と【答え】の関係性にすると、記事がかなり書きやすくなります。見出しの作成が苦手な方は、参考にしてみてくださいね!

 

5.構成作成後に文字数を割り振る

本文を書きやすくするためには、構成を作成した直後に、文字数をある程度割り振っておくことが重要です。たとえば、「ダイエット 食事」で2,500文字の記事を書くとします。

【はじめに】計200文字
【ダイエット中の食事メニュー】計1,000文字
<導入文>100文字
<ダイエット中の朝食>300文字
<ダイエット中の昼食>300文字
<ダイエット中の夕食>300文字
【ダイエット中の食事で注意すべきポイント】計1,000文字
<ポイント1>250文字
<ポイント2>250文字
<ポイント3>250文字
<ポイント4>250文字
【まとめ】計300文字

すべての項の文字数を合計すると、予定文字数の2,500文字となります。まるっきり予定と同じにする必要はありませんが、こうして文字数を割り振ることで、文章ボリュームの偏りを防ぐことに繋がります。既に実践している方も多いでしょうが、紹介しておきますね!

 

構成作りで絶対に守って欲しい2つの注意点

構成作りにおいて、厳守しなければならないルールが2つあります。

構成作りで絶対に守るべき2つの注意点
  1. 競合サイトの丸パクリは絶対にNG
  2. 内容の真偽は慎重にチェック

1.競合サイトの丸パクリは絶対にNG

キーワード検索をして、上位ページの競合サイトを確認するのはOKです。しかし、それらの競合サイトにおける構成や本文を丸パクリして自分の記事を作成するのはやめましょう。

盗作となってしまい、最悪の場合は訴訟にもなります。いちライターとして、他人の記事を盗むことは、絶対にあってはならないことです。参考程度に留めるよう、普段から意識付けをして記事を執筆してくださいね。

 

2.内容の真偽は慎重にチェック

本文の執筆時にも言えることですが、構成作りの段階においても情報の真偽を吟味する必要があります。自分が世に発信しようとしている情報は、本当に正しいのでしょうか。きちんと裏を取る、という作業が必要不可欠です。

信頼できる情報源をもとに、しっかりと真偽を見極めてください。あなたの記事を多くの人が目にして、実生活の参考にします。決して、誤った情報を発信しないようにしてください。

 

 

SEOと読者ニーズを意識した構成作りを心がけよう!

「読者は何を知りたいのか」「読者は何を求めているのか」そう考えて構成を組むだけで、記事はクオリティの高いものになります。是非、今日から意識して取り入れてみてくださいね!

今回の内容は、動画で詳しく解説しています。時間がある方は、是非そちらも参考にしてください。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。