自己満足の記事はNG!クライアントが求めるライター像とは?

自己満足の記事はNG!クライアントが求めるライター像とは?

あなたの記事、自己満足になっていませんか?

ライターとしてデビューするのは、さほど難しいことではありません。クラウドソーシングサイトにライターとして登録すれば、もう立派なライターデビューです。業務を開始するのも、登録初日に可能でしょう。

ただし、クライアントが満足する文章をライターとして納品できるかと問われると、自信を持って首を縦には振れないものですよね。私自身、10年近くライターとしての経験があるにもかかわらず、記事の納品時に「本当に大丈夫かな」と、立ち止まることがあります。

というのも、ライターデビューしたばかりの頃と違って文章に自信があるので、書いた文章が自己満足になってしまいがちだからです。私が納品しようとしている文章は、クライアントが求めているものなのか…。ライター初心者でなくとも、折に触れて不安になるものです。

そのように、自分の文章において不安になる時は、頭の中にあるチェックリストで確認しています。今回は、その自己満を防ぐ秘密のチェックリストを皆さんに公開します。

ライティングに少し慣れてきたかな、という方。是非、この機会に1度立ち止まって、チェックリストを参考にしながら過去の記事を見返してみてはいかがでしょうか。

 

今すぐ改善しよう!NGチェックリスト

記事の納品時ふと不安になった際は、自分が書いた文章がNGリストの項目に該当していないか確認します。

こんな文章はダメ!NGリスト
  1. 読者に伝わりにくい文章
  2. サイトのカラーに適していない
  3. クライアントの利益を考えていない

読者に伝わりにくい文章

読者に伝わりにくい文章を書いてしまうことって、実は頻繁にあります。特に、専門的な知識に特化したサイトへ投稿する記事を書いた時です。

読者に「分かりにくい」という感情を抱かせるのは、ライターとしてナシだと思っています。そのサイトを初めて訪問する読者にとって、初見の記事が分かりにくい内容だったら、どうでしょう。確実に離脱してしまいますよね。

専門的な記事でこそ最新の注意を払わなければならないのが、文章の分かりやすさです。読者へ伝わりにくい文章を書いてしまっていないか、納品時に確認しましょう。

サイトのカラーに適していない

自分が書いた記事は、クライアントが掲載するであろうサイトのカラーに適した内容でしょうか?サイトカラーにそぐわない文体になっていませんか?納品前に、もう1度見直してみてください。

ライター自身の個性を出すのが100%悪いとは言えません。しかし、クライアントが求めているものを書くことが、依頼を受けて書く受注ライターの仕事です。

サイトのカラーを把握したうえで、それに適した文体で書く。盲点になりやすいので、記事を納品するたびに必ず確認するようにしましょう。

クライアントの利益を考えていない

クライアントがライターに仕事を依頼する意味は何だと思いますか。ライターの文章に惚れているからでしょうか?残念ながら、現実はそこまでファンタジーではありません。

クライアントがライターへ仕事を依頼する理由。それは、ライターが書いた文章で利益を出したいからです。その記事を利用することで何らかの利益が生じるからこそ、ライターへ依頼しているのです。

検索エンジンで上位表示させたい
・記事にトレンドを取り入れたい
・記事で商品・サービスを紹介したい
内部リンク構造を最適化したい
新規の読者を増やしたい

など、あなたはクライアントの意図が何であるのか読み取ることはできますか?そこに気づき、クライアントが喜ぶであろう記事を書くのも、プロライターが持つ能力の1つです。

ライターがそこまで気をもむ必要はないのかもしれません。ただ、クライアントの利益追求ができるライターは、仕事依頼のリピート率が格段に上がります。この技術を身につけて損はないですよ。

 

クライアントが求める”理想のライター像”を知ろう!

クライアントから必要とされているのは、どのようなライターなのか?それを追究すれば、ライターとして目指すべき方向性が見えてくるのではないでしょうか。

私自身、ライターとして仕事の依頼を受ける傍ら、記事の執筆依頼をするクライアントの立場でもあります。そのような私だからこそ皆さんに伝えられる、理想のライター像をご紹介します。

クライアントが求めている理想のライター像
  1. スピード感正確性を併せ持つ
  2. SEOの知識がある
  3. デザイン力がある
  4. 専門知識を有している
  5. 利益追求に前向き

スピード感と正確性を併せ持つ

納期を守るのは、ライターとして当たり前。契約締結時に設定した納期にそって、ライターは迅速に記事を書いていく必要があります。

ただし、執筆スピードが速いだけでは、プロライターとは言えません。そこには正確性も必要不可欠です。誤字脱字が少なく、文章の内容にも矛盾がない。そのようなライターは重宝されます。

クライアントによっては、ライターから納品された記事を検収し、加筆修正してUPする方もいます。手直しをする必要のない記事だと、クライアントは当然嬉しいですよね。

SEOの知識がある

SEOの知識があり、検索上位を意識して書くライターは、どれほどいるでしょう。決して多くはないと思います。見出しの使い方、キーワードの選択、タイトルの付け方…。SEOの知識がある人が書いた記事と、そうでない記事は、一目瞭然です。

ライターが納品した記事を、クライアントがどのようなサイトにUPするのかリサーチしてみましょう。SEOの知識が役立ちそうなサイトであれば、これを機に勉強してみると良いかもしれませんね。

デザイン力がある

文字装飾や囲み枠の使い方など、デザイン力に長けている方は、クライアントから好まれます。文章に自信がついて余裕が出てきたきた方は、スキマ時間に文字装飾の勉強をプラスしてみてはいかがでしょうか。

専門知識を有している

何でも構いません、あなたには何かしらの専門知識がありませんか?それは、文章を書くうえで武器になります。特定ジャンルの知識があると、文章に深みが出ます。

未知のジャンルに手を出して浅はかな記事を書く時よりも、知識を有している得意分野の記事を書くほうが、説得力のある文章を執筆できるはずです。クライアントも、説得力のある記事を好む傾向にあります。

利益追求に前向き

ライターが納品した記事を使って、クライアントがどのように利益を出していきたいのか。それを考えたうえで、クライアントに協力できるライターは一流です。

クライアントの利益追求に寄り添えるライターになりましょう。「このライターは、よく理解してくれる」とクライアントに思わせれば勝ちです。面白いくらいに仕事依頼のリピート率が上がると思いますよ!

 

依頼主の期待に応える!ライター像の追究を忘れずに

クライアントの意向を読み取り、それに応えるのが一流ライターです。依頼を受け、報酬をいただく以上は、自分の書きたい文章ではなくクライアントが欲している記事を納品しなくてはいけません。

あなたの文章は、自己満足になっていませんか?クライアントが求めている”理想のライター像”を追究し、プロという名に恥じない書き手でありたいですね。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。