ライター未経験でもOK!初心者向けの仕事内容と気になる報酬の話

ライター未経験でもOK!初心者向けの仕事内容と気になる報酬の話

本業としてはもちろん、副業やお小遣い稼ぎとして注目されている“在宅ライター”という仕事。私も、そのライターの1人です。

「ライターって稼げるの?!」
未経験でもできる?」
どんな仕事があるの?」

と、仕事内容報酬についてはよく聞かれます。在宅でお金を稼げたら嬉しいけれど、本当に稼げるのか疑心暗鬼…。質問をしてくる方々は、そのような思いがあるのでしょうね。

そこで、今回はライター初心者向けに、おすすめの仕事内容と報酬、応募方法についての情報をお伝えしようと思います。これから仕事を始めるという方は、参考にしてください。

 

ライターの仕事内容は?募集の内容や報酬を大公開

ライターの仕事には、様々な種類があります。今回は「未経験の人でも手を出せるか」という点に着目して、本当の意味で“初心者におすすめできる仕事”を紹介します。

初心者ライターにおすすめの仕事内容とは?

未経験でもOK!ライター初心者におすすめしたい仕事は、以下の3つです。

初心者ライターにおすすめの仕事内容
  • サービス・商品レビュー
  • ブログ記事の更新
  • まとめ記事の執筆

サービス・商品レビュー

仕事内容

サービスを体験したり、商品を実際に使って、そのレビューを執筆します。口コミ投稿のような簡単なものもあれば、レビュー記事として長文を書くこともあります。

報酬・文字単価

文字単価は0.3〜0.5円が相場かと思います。難易度が低い分、報酬も低めです。ライターになったばかりで右も左も分からない、という方におすすめかと思います。

応募方法

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトでは、レビュー系の募集が数多くあります。「まずは単発で数件やってみたい」という方は、是非やってみてください。

クラウドソーシングサイトへの登録は、10分程度で完了します。私自身も普段からメインの受注先として活用していますので、自信を持っておすすめします。

 

ブログ記事の更新

仕事内容

ダイエットブログ、料理ブログ、旅行ブログ、趣味ブログなど、ブログを所有し運営している方がクライアントになります。その方のブログ内容を考え、ライティングするお仕事です。

自分が興味のある分野だとサクサク筆が進むため、初心者でも手を出しやすいのではないでしょうか。やはり、興味がある分野のほうが楽しみながら書けるのはもちろん、長続きしやすいかと思います。

報酬・文字単価

文字単価は0.2〜0.7円が相場かと思います。書きやすいというメリットがある反面、文字単価は1.0円に届かないケースがほとんどです。

しかし、自分に関連性のある分野のブログ記事を執筆する場合、そこまで時間をかけずに納品まで進みます。1時間で3,000文字の記事を書くことも可能なため、文字単価0.5円であれば時給1,500円を軽く稼げるということになります。

応募方法

こちらの仕事も、クラウドソーシングサイトでの応募がおすすめです。サイト内には、仕事を検索する機能があります。それを使い、興味のあるジャンルの単語を入力して検索してみましょう。

 

まとめ記事の執筆

仕事内容

・2020年上半期【話題のコスメ】ベスト10を一挙公開
・レビューで高評価続出!話題のダイエットサプリ5選
・初心者ライターにおすすめしたい著書を5冊紹介します
・クリスマスに恋人と行きたい♪都内のイルミネーション人気ランキング

上記のように、ランキング形式でまとめてある記事を目にしたことはありませんか?それらのまとめ記事を執筆しているのも、実は私たちの身のまわりにいるライターです。

まとめ記事の執筆は、よほど専門的なものを除き、ほぼ在宅ライターが執筆しています。私も今までに何度もまとめ記事を執筆してきました。初心者の頃は、もっぱらまとめ記事ライターでした。

まとめ記事の執筆は、商品やサービスを研究したり、レビューを集めたりと、事前準備に時間がかかります。しかし、手間がかかる分、高単価を狙える案件です。積極的に挑戦していきしましょう。

報酬・文字単価

まとめ記事の文字単価は0.5〜1.2円が相場かと思います。ボリュームのある記事ほど単価が高く設定されている印象です。興味のある内容や、今までに経験したことのあるジャンルだと書きやすいですよ!

応募方法

クラウドソーシングでの単発募集もありますし、専属契約したうえで定期的に納品することも可能です。まずはライターがテストライティングとして1つ記事を納品し、ライターとの契約を継続するか否かをクライアントが選択するといった感じです。

クラウドソーシング以外に、クライアントと直接契約を結ぶ場合もあります。サイトに“ライター募集”という文字を見つけたらクリックしてみてください。契約内容テストライティングの方法など、詳細が記載されているかと思います。

 

 

初心者ライターが仕事を受注する際のポイント

初心者ライター向けの仕事をご紹介してきました。あわせて、仕事を受注する際の注意点もお伝えしておきたいと思います。

初心者ライターが仕事を受注する際の注意点
  • 手を出しやすい案件を選ぶ
  • 報酬のことを考えすぎない
  • 自分が楽しめる仕事なら尚良し

ライター未経験で右も左もわからず、「とりあえず仕事を受注してみよう」という状態の方も多いでしょう。まずは報酬のことを深く考えず、経験を積むことに重点を置いてOKです。

文章を書くことに慣れてきて、自分の執筆ペースを把握できるようになった段階で次のステップに進めばよいと思います。ライター中級者向けの仕事も、今後ご紹介していく予定です。お楽しみに!

 

未経験でも大丈夫!経験を積みやすい仕事を選ぼう

現在ライターとして記事をバリバリ書いている方々も、かつては初心者だったはずです。これからライティングを始めるという方も、恐れずに一歩を踏み出してみてください。

ライティングは「誰でもできる簡単な仕事」では決してありません。しかし、初心者が手を出しやすい案件が存在するのは事実です。初心者でも確実にお金を稼げる分野なので、副業としてもおすすめです。

初心者のうちに心がけるのは、とにかく経験を積むこと!報酬のことはお小遣い稼ぎ程度と考え、数をこなしてみてください。ライターの仕事は、比較的早い段階で初心者が次のステップに行けます。初級レベルの仕事に慣れてきたら、是非とも次のレベルに挑戦してみてくださいね!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。