僕がWEBライター初心者の頃にどうしても気になった3つのこと

・「WEBライターを始めようと思うけれど何から始めたらいいか分からない・・・」

・「文章が苦手な自分でもきちんとした記事が書けるのか不安・・・。

・「記事単価ってどれくらいが平均なのかな?・・・」

WEBライターを始めようと思っている方やWEBライター初心者の方はこんな疑問を抱いているはず。

というのも僕がWEBライターを始めようと思ったときの気持ちそのものだったからです。

上記の3つは僕がWEBライター初心者の頃に気になっていたことです。

現在はWEBライター歴3年のたぬきちですが、

これからWEBライター初心者の方に役立てる記事になれば良いなと思います^^

どれも初心者のWEBライター初心者の方にとって為になる記事ですので是非最後まで読んでみてくださいね^^

僕の1つのライター体験談として参考になれば幸いです。

WEBライターになるまでの具体的な方法

 

 

 

 

WEBライターになるにはどうすればいいの?何から始めればいいの?と疑問に思う方が大半です。

WEBライターは名乗ったその日からWEBライターです。(笑)特別な資格も必要ありません。

では、WEBライターとして活動していく為にはどうすればよいのでしょうか?

  1. WEBライター大手サイト「クラウドワークス」や「ランサーズ」に会員登録
  2. 初心者レベル歓迎の出品者を探す
  3. マニュアルに従って記事作成を行う

大きな流れとしてこの3つのステップを行うと記事の受注ができます。

次に記事の作成を行うにあたりジャンルの選び方について説明していきます!

WEBライター初心者の記事執筆ジャンルの選び方

WEBライター初心者は記事執筆するジャンルで迷うことがあります。

ビジネス、金融、恋愛、アウトドア、ガジェット、貯金、節約、ウォーターサーバー、・・・

などなど数えだすとキリがありません・・・w

そこでWEBライター初心者におすすめのジャンル選びのポイントを2つ紹介します。

・自分の経験してきたことが活かせるジャンル

・人よりも少し詳しいジャンル

例えば自分が学生時代にバスケットボールを3年間行ってきた場合、

スポーツジャンルのバスケットボールの記事の案件があれば記事を書けますよね。

バスケットボールのルールや反則、ポジションなど

バスケットボールについて全く知らない人のためになる記事が書けるわけです^^

また、人よりも少し詳しいジャンルとは

「今まででクレジットカードを何枚も作ってきたな・・・」という方であれば

楽天のクレジットカードとリクルートクレジットカードの比較みたいな感じで

クレジットカードをどの会社で作ろうか悩んでいる方への記事が書けますよね!

つまり、WEBライター初心者が記事執筆ジャンルを選ぶときは

何も知らないネット上の向こう側の初心者に丁寧に教えてあげる気持ちでジャンルを考えてみると

迷わなくなりますよね^^

WEBライター初心者の記事単価について

 

また、WEBライター初心者の思い込みでありがちなのが

「ネットで見たけどWEBライターって稼げるみたい。」と考えている人居ますよね。

半分正解で半分不正解です。僕も最初はウキウキしていたのが恥ずかしい・・・。

WEBライター初心者の方はおおよそ記事単価0.1円〜0.5円くらいでしょう。

これで仮に2000文字書いたとしても高くて1000円です。

1時間で記事のリサーチや構成、内容を考えて2000文字ってWEBライター初心者にはなかなかハードです。

パソコンで入力作業が苦手な人だともっと効率は落ちてしまいます。稼げない!と挫折する人もいらっしゃいます。

逆に、WEBライターが稼げると言われている理由の1つは

「専門性のある記事をかけるから」

です。

例えば、弁護士だと法律のスペシャリストですからその人にしかかけない記事ってありますよね。

これが専門性のある記事です。

専門性のある記事は文字単価が3円〜とかで高めです。

さらに自分の経験や実績に応じて単価アップの交渉ができるのでより多くの収入が見込めます。

これがWEBライターが稼げると言われている理由です。

なので初心者WEBライターから抜け出す為の指標として5つの大切なことをお伝えしておきますね^^

・記事作成をこなして文章を書くことに慣れる(クオリティを上げる)

・記事作成スピードを上げる

・記事執筆ジャンルの幅を増やす

・専門性の知識を増やす(書籍や経験などで)

・実績を積む

僕はWEBライターとしてもまだまだ未熟な方ですが

プロのWEBライターであればどれも兼ね備えたスキルを持っています^^

まとめ

WEBライターの始め方・ジャンルの選び方・記事単価

WEBライター初心者の方であればどれも気になる内容だったと思います。

WEBライター初心者の頃はとりあえず記事を書いてみることが大切です。

10記事・20記事とすこしずつ書く記事を増やしていくと段々と慣れてきます。

これから一人前のWEBライターを目指してお互いに頑張っていきましょう^^

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。