Webライティングを勉強法は?現役ライターが4つの方法を紹介!

在宅で仕事をできるようになりたいな…。

Webライターは、在宅でもできるらしいけど、どんなことを勉強すればいいんだろう?

周りに、Webライティングのことを知っている人っていないし、経験者がどんな勉強をしてるのか知りたい。

私もWebライティングを始めたときは、何も知らないで始めたので不安ばかりでした。

現在の私ですが、独学でライティングの勉強をしながら、月に5万円程度は稼げるようになりました。

今回の記事でわかること

  • Webライティングの勉強の方法がわかる

では早速、勉強方法を紹介していきますね。

◎Webライティングの勉強法は?

私が実践している、ライティングの勉強法は以下の通りになります。

  • Webライティングの本を読む
  • YouTubeでWebライティングの勉強をする
  • 自分のブログでライティング
  • ライティングの仕事を受注してしまう

1つずつ解説していきますね。

◇Webライティングの本を読む

まずは、1冊でいいので本を読んでみましょう。

なぜなら、Webライティングに必要なスキルがわかるからです。

だいたいWebライティングの本には、

  • 文章スキル
  • SEOスキル
  • Webライティングスキル

が解説してあります。

基礎的な知識も身につきますし、Webライティングがどんなものだか、イメージできるだけでも十分です。

「でも、どんな本を買えばいい?」

と思っている人もいるでしょう。

私がおすすめしているのは、

『沈黙のWebライティング』

という本になります。

こちらの記事で詳しく解説してありますので、気になる方は読んでみてください。

まずは1冊だけでいいので、Webライティングの本を読んでみて下さい。

購入しなくても、図書館で借りられる本はたくさんあるので、無料で読むことができますよ。

◇YouTubeでライティングの勉強する

最近だと、YouTubeでライティングのコツなどを解説してくれている人も増えています。

私が勉強のために見ているYouTubeチャンネルは、

  • マナブ
  • 佐藤誠一

の動画を見ています。

 

マナブは、月収500万円のブロガーです。

Webライティングの基本的な知識から、上級テクニックまで無料で公開してくれています。

解説もかなり分かりやすいので、参考になりますよ。

 

佐藤誠一は、年収750万円の現役のWebライターです。

100以上のキーワードで、Google検索1位を獲得している、ライターになります。

佐藤誠一は、自分が書いた記事を見本に、ライティングを解説してくれるので、とてもわかりやすいです。

記事を作るときのテンプレートも、無料公開しているので、ライティングを実践する上でもかなり役立ちます。

実際に私は、記事を作るときは、佐藤誠一のテンプレートを使って執筆しています。

テンプレートを使ったことで、記事のクオリティが以前よりグッと上がりました。

 

2人の動画は、ライティングの勉強にかなり役立ちますので、見てもらえると勉強になりますよ。

◇自分のブログでライティング

自分のブログを書いてみましょう。

勉強しただけでは、知識が身についただけで、スキルにはなっていないからです。

自分のブログであれば、何も気にすることなく、書けるので気持ち的にも楽ですよ。

SEO対策ができているかなども、確認ができるので、自分のブログで書いてみることをおすすめします。

「でも、ブログを開設するのって結構めんどくさそう…。」

『はてなブログ』なんかだと、すぐに開設することができますよ。

私も、実際に使っているブログになります。

開設するまでに1時間もかかりません。

しかも無料で開設することができるので、Webライティングの勉強をするのには最適です。

ライティングが楽しくなってきたら、WordPressを使ってブログを立ち上げてもいいかもしれませんね。

まずは、自分のブログを開設して、1記事でいいので書いてみましょう。

◇ライティングの仕事を受注してしまう

仕事を受注してしまうのが、1番の勉強になります。

記事を書いたことがない人でも、大丈夫です。

クライアント側から、マニュアルを用意してくれていたりするからです。

記事の作成後には、修正依頼がくることがあります。

しかし、修正依頼がきたことで落ち込む必要はありません。

自分の記事に足りないことがわかるので、自分の成長に繋がります。

「でも、上手くかけなかったり、失敗したらどうしよう?」

と思った方。

クラウドワーククスなんかでは、毎日何件も仕事が発注されています。

仕事はたくさんあるので、1度失敗しても、すぐに仕事を見つければいいだけです。

仕事を受注をしていったほうが、集中力や取り組み方も変わってきます。

1記事書いた後は達成感があり、次に記事を書くときに、自分が成長していると確実に実感できます。

最初は、緊張するかもしれませんが、仕事を受注して実践するのが、私は1番の勉強になると思いますよ。

◎まとめ

いかがでしたか?

今回は、Webライティングの勉強法を4つ紹介させていただきました。

初心者の方には、上から紹介した流れで実践してもらえば1番、効率的に勉強することができると思います。

これから、

  • ライターを目指す人
  • ライターとして稼ぎたい人

ぜひ、参考にしてみて下さいね!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。