Webライターを始めて半年が経過…。【私の体験談】

◎自己紹介

こんにちは!

みくる。と申します。

半年前から、Webライターを始ました。

Webライターを始める前は、下記の仕事をしていました。

  • 自動車整備士 5年
  • 金属製造加工作業員 1年
  • 飲食店 1年

現在は、アルバイトとライターをやっています。

趣味は、ネットサーフィンと読書です。

ネットサーフィンは主に、YouTubeをみています。

エンタメ系の動画も見ますし、料理動画を見て、実際に作ったりもします。

読書では、現在ビジネスで活躍している、有名人の自己啓発系の本を読むのが好きです。

◎今、取り組んでいること

現在ライターとして取り組んでいる案件は、エンタメ系のライティングです。

なぜ、この案件に取り組んでいるかというと、私はテレビやYouTubeなどのエンタメが好きだからです。

半年間の間で、

  • 転職関連
  • 商品紹介
  • エンタメ(アニメ・芸能人・YouTuber)
  • 脱毛

などの、執筆を経験しました。

中でも、やっていて楽しかったライティングは、やはりエンタメのジャンルでした。

自分が好きなジャンルのため、リサーチ・ライティングにはすごく没頭することができたからです。

現在やっている案件は、エンタメ系の速報記事を書いています。

  • その日放送されるテレビ情報
  • 今、話題になっている出来事

などの、記事を作成しています。

タイトルが追加され、契約している私を含め20名ほどのライターで、すぐに書ける人が作業に取り掛かります。

納期は当日の○時までと指定され、スピードを求められる仕事です。

今回の案件を通して、リサーチする力がかなり付いたと思っています。

なぜなら、以前よりも1記事書くスピードが上がったからです。

以前の私は、記事の内容にもよりますが、1記事書くのに5~6時間ほどかかっていました。

しかし、今回の案件を始めてから、かなり時間を意識するようになり、

リサーチのコツを覚え、現在では、1記事3~4時間で作業を終えることができるようになりました。

まだまだ効率化できることはあると思いますが、たくさん記事を書いて、スピードアップしながらも、

記事の質を落とさずに執筆できればと思っています。

◎Webライターを始めたキッカケ

私がWebライターを始めたキッカケは、仕事での人間関係になります。

以前、私は仲の良い友人と一緒に仕事をしていたのですが、私の不手際があり喧嘩に。

私は職場を去ることになり、友人とは喧嘩別れ。

自信を失った私は、人と関わらずに済む仕事を探していました。

そこで、以前登録していたクラウドワークスで仕事を探すことになります。

最初は何も分からず、とりあえずできそうなタスク案件をこなしていました。

タスク案件をこなしながら、1週間ほど経過したある日。

ゲームのアンケートのタスクを終えたときに、クライアントの方から

スマホゲームをして攻略の記事を書けますか?

という依頼を受けました。

とりあえず仕事が欲しかった私は、やってみることに。

この時、初めてライティングの仕事を知ることになります。

未経験だったため、すごく時間はかかったのですが、

ゲームをしてお金をもらえるなんて、こんな仕事あるんだ…。

と、衝撃を受けたことは鮮明に覚えています。

それ以来、クラウドワークスを使って、ライティングの案件に絞り仕事を探すようになりました。

キッカケは前向きなものではありませんが、おかげで

ライティングの仕事と出会えて、よかったと思っています。

◎これまでの苦労話

始めた当初、どんな風に書いていいか全く分からなかったことです。

未経験ということもありますし、周りにライティングをやっている人がいなかったからです。

今まで、会社勤めだった私は、仕事を教えてもらうのが当たり前でした。

しかし、ライティングの仕事をやっている人は、周りには誰もいません。

手本となるような人もいなく、自分のやっていることが正しいのかどうかも、よく分からない。

もちろんWordPressなど、使ったこともありません。

何をやっても初めてのことばかりで、1記事作成するのに多くの時間を費やし、かなり苦労しました。

◎上記困難をどう乗り越えたか?

とりあえず、ライティングについて勉強しました。

Webライティングや文章についての本を、何冊か買い、どう書けばいいのかを勉強。

他にも、現役のWebライターがYouTubeで、ライティングについて詳しく解説してある動画を見ました。

WordPressに関しては、引き受けた案件でWordPressに入稿までが多かったので、仕事をしながら慣れていったという感じです。

勉強しながら実践することで、困難を乗り越えることができました。

困難を乗り越えたことで、

  • Webライティングの基礎
  • WordPressの使い方

が、身に付いたので、自信がつき以前よりも積極的に案件に応募できるようになりました。

今でも、苦労することは多いですが、始めた当初のときのように、泥臭く頑張っていきたいです。

◎Webライターをやってよかったと思うこと

やはり、自分がライティングした記事が、検索で上位表示されたときです。

なぜなら、価値のある記事ということが認められたからです。

自己満足ということもありますが、読者に求められている記事をしっかりと提供できたと、

結果としてもはっきりわかったからです。

検索で上位表示されたときは、とくにやってよかったと思います。

2つめが、達成感があるからです。

今まで私は、仕事で達成感を感じるという経験はほとんどありませんでした。

嫌なことを、仕方なしにやっているというのが強かったです。

もちろんライティングのお仕事でも、悩んだり・困ったりすることも多々ありますが…。

しかし、記事を作成したあとは、いつも達成感があります。

達成感を得られることによって、自己肯定感も高まり、以前よりも日々が充実しています。

ライターを始めて、仕事をすることで達成感を得られるようになったことが、よっかたなと思っています。

◎最後に…

私が、ライターを始めて半年が経過した体験を書かせてもらいました。

もし、ライターを始めたばかりの人は、参考にしてみて下さい。

これからは、もっとライターとしてスキルアップできるように、1つ1つの案件を丁寧にこなしていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。