現時点でのスキルで無理なく取り組めるライティング案件の選び方

現時点でのスキルに合った難易度の案件を探すことが大切

一口にライティング案件と言っても、ライティングの仕事が初めての方から、大手のウェブメディアでライターをされているなどの経験がある方向けのものまで、様々な難易度の案件があります。

経験者向けの案件は報酬も高額ですが、文中に必ず入れる特定のキーワードや文章構成など、記事作成に関するルールが複雑になり、求められる記事のレベルも高くなります。

途中で挫折してしまわないためにも、ライティングの案件を探す時には、初心者向けのサポートがあるかを募集の文面から判断したり、発注者の方に問い合わせしたりして、現時点でのスキルに合った案件を探すことが最も大切です。

案件探しの際には案件を最後までやり遂げられるかを重視する

案件選びのコツ
  1. 発注者の方が求めているライティングのレベルに注目する
  2. 執筆する記事が自分の得意なジャンルかどうかに注目する
  3. 報酬額が納得できる金額であるかを見極めてから応募する

高い報酬が得られる案件を受注したいという思いは誰しもあるかと思いますが、高い報酬の案件は、労力や時間がかかってしまうものです。

契約した案件を途中で辞めるのは、発注者の方に多大な迷惑をかけてしまいますし、ご自身の信用や評価を下げることにもなりますので、契約した案件は責任を持って最後までやり遂げることが必須です。

契約を結ぶ前に、この案件は現時点でのスキルでやり遂げられるかを、募集の文章を読んだり、発注者の方に質問をしたりしてしっかり見極めるようにしましょう。

発注者の方が求めているライティングのレベルに注目する

ライティングの案件は、案件によって難易度に差がありますが、次のような案件であれば、初心者でも取り組みやすいです。

・ライティング初心者歓迎、OK
・ライティングマニュアル有り
・納期に余裕がある、納期の相談に応じてもらえる
・文字数が少なめ(1記事あたり概ね1500文字以下)

応募の際に現時点でのライティングスキルについて記載すれば、相談に応じてもらえる可能性も高いでしょう。

執筆する記事が自分の得意なジャンルかどうかに注目する

記事にするジャンルが興味、関心、知識のないジャンルだと、そのジャンルに関する基礎知識を1から調べる手間が生じるため、記事の作成に時間がかかり、記事を書くモチベーションを維持するのも難しくなります。

自分の得意なジャンルの記事だと、記事を書くために調べる手間も減り、短時間でより多くの記事を書けるので、報酬のアップにつながります。

報酬を優先して自分に全く馴染みのないジャンルを選ぶよりは、1記事あたりの報酬は下がっても自分が得意だと感じるジャンルを選ぶことをおすすめします。

報酬額が納得できる金額であるかを見極めてから応募する

現時点でのライティングレベルに対して報酬額が高すぎると感じる案件は、記事作成のルールに沿った記事をなかなか書き進められず、案件をやり遂げられない恐れがあるので避けましょう。

しかし、逆に、相応の理由もないのに報酬が安すぎると、書く手間をかけても報酬はわずかなので、次第に書く意欲を失ってしまいます。

報酬額が現時点でのレベルと比較して高すぎでも安すぎでもなく、納得できる額であるかを見極めてから応募することで、契約後の報酬に関するトラブルも防ぐことができます。

相手に安心感や信頼感をもってもらうことが受注率アップへの近道

インターネットを通じて案件に応募する場合、最初は全く面識がないので、次に挙げることを積極的に行って自分について相手に理解してもらうことが重要です。

・応募の際に必ず自己紹介の文章を入れる
・プロフィールにはできるだけ多くのことを記入する
・実績やスキルについてもできるだけ詳しく書く
・過去に書いたライティングの文章があれば提示する

さらに、案件に応募をした後も、メッセージをまめにチェックする、できるだけ早く的確に返信するなど、安心感や信頼感を持ってもらえるようにすることが受注率のアップにつながります。

案件選びの際の注意点および案件を継続していくための工夫

案件選びの注意点
  1. 返信が遅い発注者の方の案件は避けるようにする
  2. 案件を複数掛け持ちする場合、スケジュール管理に注意する
  3. できるだけストレスなく仕事を進めるようにする

案件への応募後、返信が遅い発注者の方がいらっしゃいますが、契約後も、質問への対応や検収が遅いなどのトラブルが起こる可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

また、ライティングの仕事に慣れて来ると、複数の案件の掛け持ちも検討されるかと思いますが、仕事の質を維持するのはもちろん、納期を守ることが不可欠です。

受注した案件を継続していくためには、返信が早く的確な方と仕事をする、複数の案件を掛け持ちする場合は無理のないスケジュールを組むなどして、できるだけストレスなく仕事を進める工夫をすることが大切です。

現時点でのスキルに合った案件を最後までやり遂げることが重要

案件によって難易度は様々ですが、高い報酬の案件は求められる記事のレベルが高く、案件をやり遂げられない恐れがあるので、現時点でのスキルに合った案件を探すようにしましょう。

応募の際には、自己紹介文、プロフィール、実績などを記載して自分のことを理解してもらえるようにする、相手からの連絡に早く的確に返信をするといったことが受注率のアップにつながります。

さらに、ご自身の信用や評価を上げて次の案件の受注につなげるためには、責任を持って案件を最後までやり遂げることが重要です。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。