実践あるのみ!Webライティングの勉強法を作業工程ごとにご紹介

実践あるのみ!Webライティングの勉強法を作業工程ごとにご紹介

ライティングを始めたばかりの頃は、クライアントの指示内容やツールの使い方など、わからないことがゴロゴロ転がっています。記事を作成する中で生じた疑問を、その都度調べて解消し、自分の知識とする。この経験を繰り返すことが、ライティングスキルを効果的に高める勉強法といえるでしょう。
今回は実際に記事を作成する時の流れに沿って、Webライティングの勉強法をご紹介します。

書く前の下準備

《クライアントの要望を頭に入れる》
記事の内容、文字数、納品方法といった、クライアントの要望をマニュアルなどで確認します。この際に生じた疑問は早めに解決するようにしましょう。

《目標時間の設定》
記事を完成させるまでの目標時間を作業工程ごとに設定し、計測します。

【この作業で学べること】
・クライアントとの認識のズレを防ぐ方法
・各作業にかける時間の傾向

情報収集・構成の作成

《情報収集》
インターネットの情報を元に記事を作成する場合は、正確な情報を得るために、なるべく公的なサイトを複数閲覧することをおすすめします。本から情報収集することもありますが、いずれの場合も、調べる中でわからない言葉が出てきたら、内容を調べて自分がわかる言葉に置き換えることが大切です。

《構成の作成》
タイトルや見出し、記事内容を紙に書きだします。どの順番でどれくらい書くかといった、記事の全体像を大まかに決めましょう。

【この作業で学べること】
・専門用語をわかりやすく説明する語彙力
・記事の全体像を把握すること

記事を作成する

あらかじめ決めた構成案をもとに記事を作成します。言い回しに悩んだ時は、本を参考にするのがおすすめです。記事を書き終えたら、声に出して読み直してみましょう。誤字の見直しや記事全体のバランス、読みやすさの確認につながります。

【この作業で学べること】
・文章表現の幅を広げる方法
・記事全体をブラッシュアップする方法

忙しくてもできる勉強法

まとまった勉強時間を確保できない方には、すきま時間を使った勉強法がおすすめです。電車の待ち時間やお昼休みなど、ちょっとした時間にネットを閲覧する方は多いでしょう。その時間を利用して、閲覧した記事の構成や文章表現、読みやすさなどをチェックします。記事そのものの情報を得るとともに、ライティング技術も得るという、一石二鳥な勉強法です。

使えるようにしておきたいツール

ライティング業務で使用頻度の高いツールを2つご紹介します。事前に使い方を確認しておくとよいでしょう。

《Chatwork(チャットワーク)》
チャットワークは、仕事で必要なコミュニケーションに特化したチャットツールです。クライアントとの連絡手段として指定されることが多いので、登録しておいて損はないでしょう。

《WordPress(ワードプレス)》
ワードプレスは、記事の納品方法として指定されることが多いツールです。使用方法は、記事を直接ブログに載せることをイメージしていただければわかりやすいかと思います。見出しの設定や画像の追加などを行います。

まとめ

今回は実際に記事を作成する中でできる勉強法をご紹介しました。このほかにも、参考書やライティング関連のコラムを読む、専門講座を受講するなど、勉強法は様々です。自分に合った方法を取り入れ、スキルを高めていけたら、より一層ライティングを楽しめるでしょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。