ライティングスキル上達の近道は書き方のテンプレートを知ること

ライティングスキル上達の近道は書き方のテンプレートを知ること

今、ライターとして副業を始めようとしている方はたくさんいらっしゃると思います。
しかし、いざ記事を書き始めようとすると、なかなか魅力的な文章が書けずに悩まれる方も多いのではないでしょうか。
実際私も、ライティングを始めたての頃は、支離滅裂な文章しか書けなくてかなり苦労しましたが、今から紹介する書き方のコツを掴んでからは、質の高い記事を書けるようになりました。
早速、ライター初心者の方に向けて、ライティングスキルが上達する近道をお伝えしていきたいと思います。

テンプレートを覚えよう

物語に「起承転結」の流れがあるように、記事にも流れのテンプレートがあります。
魅力的な記事やよく読まれている記事は基本的に以下の3パートで構成されています。
1. 導入文
2. 本文
3. まとめ
まずは、この流れで記事を書けばいいというのを心得ましょう。
さて、次は各項目についてどういうポイントを押さえながら書いていけばいいかをお伝えしていきます。

本文の書き方ポイント

本文は、記事の中で最も伝えたいことを書くメインの部分ですね。
本文を書くときは、主張→理由→具体例の順で、伝えたいことを書いていくのがきれいです。
流れや構成は大学で書くレポートと同じ感じでOK。
主張が複数ある場合は、読み手に分かりやすく伝えるためにも、本文の中で見出しを分けて作るようにしましょう。
あまりだらだら書きすぎると読み手もしんどくなってしまうので、簡潔で分かりやすい文章を書くように心がけるといいですよ。

まとめの書き方ポイント

まとめは、記事の最後に書かれる部分で、全体の要約を書けばOKです。
ライティングに慣れてくれば、CTAを意識してまとめを書くといいでしょう。
CTAとはCall To Actionの略で、行動喚起という意味です。
具体的には、読み手にとってもらいたい行動を誘導するという意味で、たとえば記事の拡散が目的であれば、まとめ文の下に「拡散」ボタンを設置することがCTAに繋がります。
そのため、まとめ文が長すぎると、CTAが設置されているボタンにたどり着くまでに読み手が離脱してしまう可能性があるので注意が必要です。

テンプレートを意識して質の高い記事を書こう

上記で紹介した記事の書き方を実践すると、今よりも格段に質の高い記事を書くことができるようになります。
なんでも最初は定石を知ることが成功の一歩になるので、是非実践してみてくださいね。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。