ライティングの波に乗ることは大事~波に乗ったら忘れてはならない事がある~

数日に一度訪れてくるライティングの波に乗る

頻繁ではないけれど嬉しい波は誰にも必ずやってきます。その波に迷わず乗り自分のスキルアップにつなげることが、大事です。良い記事を仕上げる最良の波です!

執筆の波に乗ったら気をつけることがある

執筆の波に乗ってしまうと、自分でも不思議なくらいライティングの作業がサクサク進みます。昨日のスランプ状態の自分や頑張っても、なかなかライティングが上手く行かず「ストレスまみれ」になっていたのが嘘のように、嬉しくなってしまうぐらいなります。しかし、そこで気を付けなければいけないことがあることを忘れてはいけません。調子に乗って執筆作業をしていると「案外自分のスキルの評価を下げて」しまいかねないことがあるからです。それはどんなことか、自分自身の経験を交えながら紹介していきます。失敗するとスキルのアップにはつながりますが、出来れば避けたいのが本音です。

モチベーションを保ち良い記事に仕上げる

モチベーションが最高潮の時はさくさくライティング作業が進むといいましたが、モチベーションはすぐに減退してしまうことがあります。「少しでも長くモチベーションを保つ努力」を自分なりに日々探りながら把握しておくことが大切です。モチベージョンはサクサクと、作業が進みます。そして「文章の質も向上」させてくれる効果があります。あまり上げ過ぎずに「客観的に自分を捕らえられる」くらいのモチベーションが大事です。こうすることにより、良い記事を作成することが可能になります。ということは、評価も同じように上がるということです。

テンションに任せて記事の内容を低下させない

モチベーションが上がり、ライティング作業がサクサク順調に進んでいても、忘れてはならない事があるということを、しっかりと覚えておいてください。どんなことが「忘れてはならないこと」かを、ざっくりと紹介します。

  • 記事の内容をしっかり見直すこと。
  • 任せられている仕事に対してちゃんと内容に沿ったライティングすること。
  • 誤字脱字抜けなどのミスのチェック。
  • 個人的な意見ばかりになっていないか気をつけること。

などなど、あります。その他も色々とチェックする点はありますが、請け負っている作業の状況に応じて、変わってくることです。サクサク順調に作業が進んでいるときこそ、「初心の書き始めを忘れずに記事の作成をする」ように心がけてみることです。

こうした状況が常に、当たり前のように作業手順として備わってくると、必然的に記事の内容の向上=ライティングのスキルアップという、とってもいい相乗効果をもたらしてくれます。ライティング作業だけではなく日常生活においても同様なのですが、”慣れ”の状況というのは、自分の利益の高になりますが利益の低にもなりうる可能性があります。一つ一つの積み重ねがどんなことでも大事だということを覚えておいてください。

ライティングで成長

モチベーションをあげる方法や自分(自分の書いた記事など)を客観的に、捉えられるようになると「今のライティング作業がもっとよりよく楽しくなる」ということに間違いないと最近築きさせてもらっています。これからも、日々成長し続けるられるライティングは素敵な物ですね。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。