ライター業をやってて良かった成功体験

ライター業をやってて良かった成功体験

ライター業での成功とは

ライター業は自宅で出来る仕事として近年人気の仕事となっています。

私も本業の傍ら副業としてライター業をやっていますが、そこで自分の中で成功したなという経験をしています。

ここではライター業をやっていて、自分の中で成功したなと思える経験を書いていこうと思います。

収入があがった

本業をしながらのライター業なので、ライター業として生活費を稼ぐまでには至りませんが、自分の小遣いとしての収入は格段に上がりました。

ライター業は単価も大事ではありますが、月に何本記事を書けていたのかも重要になり、私の場合だと月に20本程度書く事ができ、収入としては約3万円程アップしています。

生活費やその他の諸経費は本業の収入でも十分賄えていますので、そこから更に月3万円収入が上がったので生活が楽になりました。

割の良い案件を獲得出来た。

ライター業として記事を書く際に自宅での作業が多いですが、気分転換も兼ねて近くのカフェやコワーキングスペースで作業をする事があります。

ある日コワーキングスペースで作業をしていると、声をかけられ、その人は自分のブログで生計を立てている人でした。

自分が副業としてライターをしている事、比較的時間が取れることを話していると、ぜひ自分のブログでも書いて欲しいと依頼がありました。

クラウドソーシングとは違い、直接の契約ですので、手数料が引かれる事もなく、その後定期的に仕事を依頼してくれるようになった為、副業としての収入が安定してきました。

本業に活かせるようになった

私の本業は介護なんですが、ライターの仕事で介護分野について書く事があります。

自分の持っている現場の知識を活用しながら書く事が出来ますし、知らない福祉制度等の分野だと調べながら書く事が出来ますので、勉強にもなります。

知っている知識を書く事で復習の意味もあり、現場での介護業務でも活かせる事が出来ますし、知らない福祉制度を勉強する事で、現場以外の所で知識を活かせる事が出来ます。

そのおかげか、現場だけではなく、事務的な仕事も任されるようになってきたので、これはライター業をやっていたおかげだと思っています。

本業の仕事を任されるようになった

ライター業をやっている事で、文章を書く能力が向上しましたし、記事の構成の仕方等も学べています。

文章や記事の構成はライター業だけでなく、会議の資料作りやプレゼンするのにも役に立つようになり、実際に本業の方で資料作成する際も、自分の腕を買われ任されるようになりました。

ライター業のおかげで本業の仕事の幅が広がり、職場でも重宝されるようになったのはライター業を経験していたからだと思っています。

まとめ

文章を考えたり、記事を構成したりとライター業は大変な事が多いですが、やればやっただけスキルも上がりますし、副業としてライターをやっている方は本業へも活かせる事が出来るはずです。

ライター業はスタートラインが広い職業で、誰でも始められる仕事なので、これを機会にぜひ皆様もライター業をやってみてはどうでしょうか?

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。