ライター初心者の挑戦(仕事を獲得するための工夫)

ライター初心者の挑戦(仕事を獲得するための工夫)

『仕事を頂くために行っている工夫について』

私はまだライターを初めて数カ月の初心者です。
そんな私が仕事を頂くために工夫していることについてまとめます。
これが誰かの参考になることを願っています。

1.どんな仕事を選んで応募しているのか

私が仕事を探すにあたって最初に心がけていたことについてお話します。
最初は以下の2点を考えて仕事に応募していました。
そしてこれに当てはまるものはほとんど応募していました。
仕事が頂けるか分からない状況であるため、取りあえずたくさん量を応募していました。

①自分が書きやすい物を選ぶ
これが一番大切なことだと感じています。
正直書きにくい文章はありますし、これについて書きたくないと感じる内容もあります。
何でも応募して書いていると疲れ切って続かなくなってしまうため、
自分か得意なものを中心に応募をしていました。
その上で、気になるものや自分も知りたいと感じているものについても応募するようになり、
勉強をしながら書けるものも応募の対象にしていきました。
これにより、調べる癖や情報収集についてはだいぶ着いたように感じています。

②まずは短い文章から書いてみる
始めたばかりの時は2000文字以下の短い文章を書き自信を付けることから始めました。
これまであまり長い文章を書いたことが無かったため、
始めは金額を気にせずに文章量が自分に書けるものなのか考えて決めていました。
自分がどのぐらい書けるのか最初は分からないため、
短文から挑戦していくことをおすすめします。
短文の方が簡単に書けますし、たくさん書くことができるので自信が付きやすいように感じます。
今では4000字程度なら普通に書くことができますが、
最初練習として短文を書いていた効果が出ていると感じています。

2.どうやって仕事を獲得していくのか

私が仕事へ応募する際に工夫している点について紹介します。
私は応募の文章に2点を書くようにしています。
その内容について紹介します。
これを行うようになってから、少しずつもらえる仕事が増えていきました。

①自分の得意なことを書く
応募する際の自己紹介では自分の得意なこと、分野は何でも書くようにしています。
例えば、私は福祉分や心理学が得意です。
他にも趣味で神社に行ったり、水族館に行ったりすることもあるためそれについても記載をしておきます。
何か1つでもひっかかる点があるかもしれないので、このような方法をとっています。

②行った作業について記載する
これまでに仕事を頂いた分野などについて記載するようにしています。
記事を書いたりシナリオを書いたり様々な作業をさせて頂けているので、
できるだけそれをアピールするようにしています。
また、行ったことを書いておくことで他の機会で縁があることもあるので、
極力書いておくように心がけています。

3.まとめ

今回は私の仕事を頂く上での工夫について紹介しました。
私はこの方法で行っていますが、
他の方がどのような方法で行っているのかとても気になっています。
この方法が良いなどありましたら是非教えてください!
参考にしていきたいのでよろしくお願いいたします。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。