ライターの入り口に立って思う事。

ライターの入り口に立って思う事。

初めまして。

初めまして、こんにちは。
ライター歴6ヵ月ほどのmiyatakeと申します。普段はごく普通の会社員で工場勤務をしており、合間に副業のライターとして執筆などを行っています。
特に文才がある訳でもノウハウを持っている訳でもなく、まったくの素人によるライター体験談になりますが、経験が浅いなりにも勉強になったことや感じたことなども少なからずあります。毎日が学習のつもりでライター業に取り組んでいますので宜しくお願いします。

ライターとしての近況

現在はなるべく長期で執筆させて貰えるようなお仕事を探しているところです。
ある程度の案件数をこなしていくと、なるべく報酬の良い案件を探すようになります。しかしながら応募したところで基本的には全く相手にされず、運よくテストライティングに辿り着いたとしても通らないといった壁に突き当たりました。
なぜか?と考えるとテストライティングで落とされるのは単純に実力不足、相手にされないのは実績不足という答えに行きます。当然ですよね。
その時に取る行動は?と考えた時「勉強や習い事をしてスキルを上げる」か「実践をこなして様々な経験を積みスキルを上げながら実績も作る」なのではないかと思いました。
私は後者を選択して、とにかく「執筆する」という事に取り組んでいます。

なぜwebライターに?

副収入が欲しい!と言う理由も当然あるのですが、現在の本業では社外に出た時に必要とされるようなスキル取得は難しく、会社がなくなると今あるキャリアは全て価値のない物になります。なので需要のあるスキルが欲しいと思い始めたのが大きなきっかけで、すぐに始められそうなクラウドソーシングに登録しました。
動画編集やプログラムなどの特殊なスキルを持ち合わせてなかったのでライターを目指して登録したというよりは、自然の流れでライターになっていました。

ライターを経験して思った事

まず一番の苦労は自分で仕事を取るというところですね。会社から仕事を割り振られる本業との大きな違いでもあり、仕事を貰うということの大切さや難しさを痛感しました。
後は仕事を貰った後も、家で長時間パソコンの前に座り執筆などを行った経験がなかったので、集中力が続かずにだらけてしまったり、悪い姿勢で座っているせいか少し腰のあたりに違和感を覚えることもありました。

困難だと思った事への対処法

まだ乗り越えている訳ではありませんが、仕事を貰うには自分にあった募集が出ていないかと見る頻度を増やして積極的に応募を行い、上手くいかなくても気にしない様にするしか方法はないと思います。
作業の方は休憩を取り入れることにしました。いくつかのパターンを試してみた結果で今の所自分に合っているのは45分作業を行い15分休憩する。これを平日は2回か3回、休日は6回か7回行うことで効率良く作業が行えるようになったと感じています。

webライターのやりがい

作業をやり遂げる事に達成感を感じます。やはり会社とは違い自分で取った仕事です。問題なく最後までやり遂げて報酬が入った時は、本業より少ない金額ではありますけどホッとして嬉しい気持ちが出てきます。
後は、たまにではありますけど、担当の人に文章を褒めて貰うこともあり、その時は素直に嬉しいです。私はまだ経験がないですけど執筆した文章を読者の人に褒めて貰えるようなことがあれば凄く励みになるのではないかと想像します。

今後について

今の所、先を見据えるには程遠いです。コツコツと実績を積んで文章の勉強を行い少しずつ大きな仕事にステップアップしていくことを目標にしています。
その先で縁があればアニメが好きなのでシナリオを書く仕事などで関わっていけるならモチベーションも保って続けていけるかと思っています。

ライターに必要だと思う事

自分のペースで進めて行くことですね。資格などがある訳ではないので自身がwebライターだと思えばそう、という世界なので無理しないで続けていけばライターの世界の見識が広がりスキルも徐々に上がっていくのではないかと思います。
後は自分の実力をある程度見定めることでしょうか?実力が及ばない案件に募集しても中々採用されることは難しいので応募を見送るか、採用されなくても割り切れる気持ちが必要かと思います。

これからライターを目指す人へ

現在のwebライターは飽和状態にあり中々良い案件には巡り合わないことの方が多いかもしれません。しかしながら市場の方も大きく成長していっており、今後も順調に伸びていくマーケットだと感じています。そういう場所にはチャンスが落ちていることが多いです。そういったチャンスを掴めるようにコツコツと実績を積んでスキルを磨くのも一見遠回りのようで意外と近道なのかもしれません。諦めずに一緒に頑張りませんか?

感謝の気持ちを持って

長々とお付き合い頂きありがとうございます。Webライター、半年前まではまったく何も知らなかった世界でも今では少しずつ理解出来てきました。それも良くも悪くも色々な経験をしてきたからだと思います。これからも携わってくれる人々に感謝の気持ちを持って、コツコツとスキルを磨いて少しずつステップアップしていけるようになりたいと思います。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。