【誰でもできる!】0.5円から文字単価2円を獲得するための方法を解説!

【誰でもできる!】0.5円から文字単価2円を獲得するための方法を解説!

「文字単価が高い案件が取れないなぁ~」

と、お悩みのあなたへ。

ここでは、私が0.5円から文字単価2円へアップした方法を解説します。

結論からいうと、文字単価0.5円の案件を獲得して、クライアントのために身を粉にして働くことです。

「ちまたにある高単価案件に応募をし続けろ!」というのは、よほどの専門ジャンルの経験がない限りは無駄骨に終わってしまうことも。

それならば、まずは案件を獲得してクライアントのために身を粉にして働くことです。

0.5円から文字単価2円に上がった体験談!

私がWebライターを始めて4か月目の頃でした。副業に関するライティング案件を獲得したのです。
文字単価は0.5円。

興味のあるジャンルでしたので、応募をしました。無事に通過。クライアントとの相性もよく楽しくお仕事をさせていただきました。

3ヵ月ほど経過したところクライアントさんからこんな提案がありました。

「もし記事数を増やしてもらえるなら文字単価1円にアップします」

急な提案に驚きつつも、お引き受けしました。
そこから依頼されたとおりの仕事をこなしていくと、どんどん文字単価が上がりました。

最終的には、文字単価2円までに上がったのです。

なぜ文字単価が2円に上がったのか?

結論からいうと、依頼されたことをしっかりやることです。

「えっ!そんなことでいいの?」と、思うかもしれません。

クライアントさんからすると、依頼された仕事をしっかりこなすライターは信頼がおけます。

この信頼感が実はとても重要です。

よい仕事は口コミが多い!

私は基本的にクラウドソーシングでお仕事を受注しています。

そこからクライアントさんに仕事を納品し続けると、たいてい他のお仕事の依頼がきます。

仕事の依頼は、申し込んだ時よりもたいてい高額なことが多いのです。

なぜ依頼される仕事は高単価のものが多いのか?

それは信頼関係が築かれているからです。

クライアントの視点になると、紹介をするライターはある程度の信頼がないといけません。

なぜなら、クライアントの信頼にも関わるからです。

もし紹介したライターが仕事をしてくれなければ、クライアントにクレームが行きますよね。

そのため信頼のあるライターにしか仕事はきません。

つまり、口コミがかなり重要ということです。

クライアントから信頼を獲得できる方法とは?

文字単価アップのためには、依頼された仕事をすることが大事であると紹介をしました。

依頼された仕事をすることと並行して欲しいことがあります。

それが、クライアントへの提案です。

たとえば「記事を書いて欲しい!」という依頼に対して、ワードプレス入稿までしますよ!と提案をすること。

クライアントがどうしたら仕事が楽になるのか?という視点で提案をすると、どんどん仕事が依頼されるようになります。

依頼された仕事をどんどんこなしていくことで、より信頼が得られるようになるのです。

信頼を獲得するには、提案をしてより多くの仕事をクライアントと一緒にすることが大事なのです。

【まとめ】文字単価アップは淡々とより多くの仕事をこなして信頼関係を上げる!

今回は0.5円から文字単価2円を獲得するための方法を解説しました。

ここまでの内容をまとめると、

・依頼された仕事をこなす
・信頼関係を作る
・依頼された仕事に対してより多くの提案をする
・さらに依頼された仕事をこなす
・紹介をされる

です。

文字単価を上げるためには、多くの仕事をクライアント共にこなすことが近道です。

はじめから高単価案件を狙うのもよいですが、信頼関係を構築することで単価アップにつながる方法も参考にしていただければと思います。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。