「本業」と「ライター」を両立するために必要なこととは?

「本業」と「ライター」を両立するために必要なこととは?

両立するためには「時間を作ること」が重要!

本業をしつつ、副業として「ライター」をしていくためには、とにかく「時間を作ること」が重要になってきます。
どんなに「ライティング」が好きだったとしても、時間に余裕がなければ、良いものは作れません。
そして、時間に余裕がなくなれば、好きな「ライティング」をストレスに感じることにもなりかねません。

ここでは「時間を作る」ためのオススメの方法を3つ紹介します。

朝活を活用する

早起きをし、朝の時間を有効活用しましょう。
朝は家族も起きていないため、時間を確保しやすい時間帯です。
さらに、起きてすぐの状態は、その日の中で一番「疲れていない」状態といえます。
仕事から帰ってきた後と比べると、「疲れていない」朝にライティングを行う方が、効率的だと考えられます。
朝活は「時間の確保がしやすい」「疲れていない」という2点において、時間を作るために有効な方法です。

休日の午前中にまとまった時間を確保する

朝活と同様、休日についても午前中にまとまった時間を確保しましょう。
起きた直後、体が「疲れていない」状態でライティングを行えるとより効率的です。
しかし、ここで重要になってくることは「家族との対話」です。
「休日の午前中をライティングに使わせて欲しい」という意見を、あらかじめ家族に伝え、了承をとっておく必要があります。
もし、伝えた意見を拒否されたら‥?
もし、拒否されたのであれば、より早起きをして、まとまった時間を起きた直後に確保できるようにしましょう。
起きた直後の疲れていない時間帯にライティングをする工夫が重要です。

残業を(極力)しない

本業の仕事時間をできる限り短縮しましょう。
特に残業を極力減らすことが重要です。
しかし、本業で手を抜いてはいけません。
手を抜くのではなく、「いかに効率的に仕事をこなすことができるか?」を考えて実践していきましょう。
「ライティングのために時間を確保する!」という強い目的があれば、時短のためのアイデアも生まれてきます。
ポイントはいかに「ムダ」を省くかです。
たとえば、同じような文章を書く(日報などの提出書類)ことが多いのであれば、すべてテンプレートを準備しておきましょう。
これだけで、業務効率は格段に変わります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
「本業」と「ライター」を両立するには「時間を作る」ことが重要です。
時間に余裕があれば、良い文章が書け、パフォーマンスも上がります。
日々の生活の中で、スケジュールや行動を見直して、コツコツ時間を確保していきましょう。

それでは。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。