ブロガーの私がWebライターを始めた理由

ブロガーの私がWebライターを始めた理由

ブロガーの私がWebライターを始めた理由

1年半、ブログで発信をしていたわたしが
2021年6月からWebライターを始めることにしました。

その理由について記事にしていこうと思います。

 

Webライターに興味があった

通勤が何よりのストレスで、文章を作るのが好きなわたし。
在宅でできるWebライターという仕事にとても興味がありました。

しかし、気になることが。
それは、時間の切り売りになってしまうことです。

時間を売る仕事は、働けない期間があれば、収入がゼロになります。
わたしは体力がなく、体調を崩しやすいので、
安定したお金を稼ぐにはストックビジネスに力を入れていく必要があると考えていました。

 

しかし、ブログの広告収入やアフィリエイト収入が安定しているわけではないですし、
アルバイトの収入で生活しているのが現状です。

今も時間の切り売りで働いているので、Webライターを始めたところで働き方は何も変わりません。
そのことに気づいてから、Webライターを始めることに対して前向きになりました。

 

独立している人たちの事業を知る

わたしはいずれ自分の事業を作りたいと考えています。
Webライターを募集しているクライアントさんは、独立して自分の事業を持っている人が多いですよね。

Webライターとして仕事を受注し、クライアント目線で仕事をすすめることで
事業を展開している人たちの考え方や思いにふれることができます。

先輩方の着眼点を参考にできるのは、Webライターのメリットです。

 

自分の得意ジャンルを発掘する

自分は何を発信できるのか、と考え続けて1年以上が経ってしまいました。
発信していればわかってくるものだと思っていましたが、いぜんとして何も見えてきません。

得意ジャンルを見つけるために始めた自己分析も、完全に沼にハマっています。

自身のブログで書いてみる方法もためしていますが、
「今回は、このジャンル」と決めても、「本当にこのジャンルでいいのか」と迷いながら書いてしまうのです。

人から依頼された文章であれば、迷わず集中して書くことができますよね。
その分、自分が得意かどうか判断しやすくなります。

 

自分の頭では思いつかないような、ふだん書かないジャンルにも挑戦できるので、
自分の得意ジャンルを見つけるのにWebライターの仕事は最適だと思いました。

 

文章を書く時間を増やしたい

Webライターを始めた理由の1つに、文章を書く時間を増やしたいというのがあります。
文章を書く時間を増やしたいのは、
『ライティングスピードを上げたい』、『好きなことにもっと時間を使いたい』ことが理由です。

ライティングスピードを上げたい

わたしは、1000字の記事を作るのに、2~3時間かかることがあります。
思想を言葉にする力、即座にまとめる力が足りないからです。

記事数を重ねていけば、はやくなると思っていたのですが、
100記事近く書いた今でも、記事の作成スピードは当初からあまり変わっていない気がします。

 

会社員として働いていたときも、時間を意識して働かないと仕事のスピードは上がらないことを体感していました。
文章も同じで、時間を意識して作らないとスピードは上がりませんよね。

 

しかしながら、自身が運営しているブログはどうしても時間を意識せず、ゆっくり作成してしまいます。

納期のあるWebライターであれば、時間を1つの目標にすることができるので、作成スピードを上げる訓練ができます。
現状、1日で書ける上限は4000字ほどですが、1日1万字書けるようになりたいです。

 

なぜ、スピードにこだわるかというと、たくさん記事を書きたいからです。
アウトプットするほど、書きたいネタが見つかっていき、より自分らしいブログができあがっていくと思っています。

 

好きなことにもっと時間を使いたい

わたしは平日、フルタイムで別の仕事をしています。
その空き時間で始めたブログでしたが、文章を作る時間は充実感があり、文章作りが好きだということに気づきました。

Webライターであれば、文章を作りながら収入を得ることができます。
Webライターの仕事で収入が増えた分の時間をさらにライティングにあてることも可能ですよね。

もっと文章作りに時間を使いたいので、
フルタイムの仕事を減らしながら徐々に文章をつくる時間を増やしていく予定です。

 

***

以上、Webライターを始めた理由を4つ紹介しました。
みなさんに少しでも共感していただける部分があればうれしいです。

報告する

コメント

  1. あちさん、こんにちは!

    熟読させていただきました。
    自己分析についての考え方等とても参考になります。

    私もフルタイムワーカーでして、日々睡魔と闘いながらライティングしてます(;´∀`)
    他のことじゃ無理ですわ、こんな生活!
    私もあちさんと同じく、やっぱり好きなんですよね、書くことが。

    専門性に特化するか、需要を重視するか、流行りに乗るか・・・悩ましいところですが、
    とりあえず手は止めずに行こう!と思ってます(^_-)-☆

  2. みことさん、こんにちは。
    記事を読んでくださってありがとうございます。

    みことさんもフルタイムワーカーなのですね。
    自分の身体に余裕がないときこそ、自分の好きなことってわかるものですよね。

    発信の方向性はほんとうに悩みます。
    わたしの場合は、悩みが完全に解決することはないと思っていて、ずっと迷子な気がしています。
    なので、みことさんがおっしゃるように手を止めないことは大切ですよね。

    前向きなコメントうれしいです。ありがとうございます。

コメントするためには、 ログイン してください。