Webライター初心者こそやるべき!Twitterのライターアカウント

Webライター初心者こそやるべき!Twitterのライターアカウント

Twitterとライター活動

読者の方の中は、Twitterを使用されている方も多いと思います。
また、実際に登録はしていないけれど、聞いたことがある人も多いでしょう。
Twitterとは、日々のつぶやきのメッセージを、140文字以内で投稿するSNSです。
今回は、Twitterを使用したライター活動をご紹介します。

ライターアカウントは複垢がいい?

用途によってTwitterのアカウントを使い分けて管理することを「複垢(複数アカウント)」といいます。
ライター活動のためにTwitterを開始するなら、趣味アカウントと分けることをオススメします。
なぜなら、ライターアカウントでは、Twitterを通じて仕事の依頼が来ることがあるためです。
また、ライターアカウントを使用している人も、軽い日常+ライター専用の方が多いです。

ライター専用アカウントの使い方

ライター専用アカウントを作ったら、自分の目的に応じた人をフォローしましょう。
例えば私だと、情報を共有したいので、ライター初心者の方。アドバイスをいただきたいので、ライター上級者の方。テクニックを知りたいので、ライター情報アカウントなどです。
私はフォローしたら挨拶をし(ここは個人やTwitterのマナーにもよるので、よく調べ考えてください)、日々のライター活動を呟きます。
こうすることで、刺激をもらったり、励ましやアドバイスをいただいたりすることができます。
なかでも役立っているのは、応募する案件を探している時に、「このような案件に応募しようと思っているのですが、どう思いますか?」と呟くことです。
すると、「これは初心者にはオススメできない」「怪しい業者が募集しているのでは?」といった情報が寄せられ、応募時に参考にすることができます。
また、スキル不足を感じた時は、スキルアップの仕方を募集するのもいいでしょう。
私はこれによって、フォロワーさん達のオススメのスキルアップ方法を教えていただきました。
例えば、人気記事を書き写す、書籍で勉強するなどです。

Twitterのライターアカウントはライターにオススメ!

情報収集だけでなく、ライター同士の交流もできるTwitterのライターアカウント。
初心者の方から、Twitterを通した直接依頼を求めている方まで、始めてみてはいかがでしょうか。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。