実際に合格した意外な履歴書3選

実際に合格した意外な履歴書3選

就職活動の際に必ず必要な履歴書。
作成の際「これってこっちの方がいいのかな?」と考えるグレーゾーンはありませんか?

今回は私が選考通過・内定をもらえた意外な履歴書を3つ紹介します。

100均で購入した履歴書

新卒時に採用された会社は、100均で購入した履歴書でOKでした。

パート・アルバイトはもちろん、正社員だって履歴書の種類は関係ありません!写真用シールや封筒、職務経歴書付きなど文具店で購入できるものと遜色なし。自分が書きやすいフォーマットを選ぶのが一番です。

私はスキルなどのウリがなかったのでなるべく項目が少ない&枠が狭いものを選びましたが、ポートフォリオになる資料を別途持参しました。論より証拠です。

パソコンで作成した履歴書

私が選考通過した履歴書は、圧倒的にパソコンで作成した履歴書です。

新卒の時は就活セミナーにて「履歴書は必ず手書きで作成すること!」と言われ、手書きにこだわって履歴書を作成するも、書き損じで何枚もおじゃんに…。私のような苦労はしてほしくありません。無駄な労力はなくしましょう!

字が上手な方なら多少のアピールになりますが人事に携わった今、そこまで重点を置いている印象はありません。
特に事務職ならパソコンスキルがどれくらいなのかを知りたいことが多いのです。

今は転職サイトでテンプレートもダウンロードできます。
印刷環境がなくても、コンビニのコピー機にデータを送れば印刷できる世の中になりました。

100均で履歴書を購入する手間すらも省けるので、パソコンをお持ちであれば是非作成してください。

前職の退職理由=御社の志望動機な履歴書

「前職の長時間労働が辛かったので、御社のホワイトな環境に惹かれました」で採用されたことがあります。

ざっくりですが、メインの理由は本当です。ただし、本当の理由には「正当化」という肉付けをする必要があります。

たとえば「長く働きたいけど、年齢を重ねていくことを考えると前職の労働環境だと難しくて…」とか「スキルアップの時間が大いに得られる御社に身を置き、得た力で貢献していきたい」などなど。

経験からの持論ですが、退職理由=志望動機でないと論理が破綻しやすい履歴書になってしまいます。
正直に全てを書くわけにはいきませんが、退職理由をポジティブな書き方に変えて志望動機に繋げましょう!

履歴書だけであなたの全ては図れない

今回は私が選考通過・内定をもらえた意外な履歴書を3つ紹介しました。

100均の履歴書でも問題なし
履歴書は手書きよりパソコンで作成するのがおすすめ
退職理由=志望動機!ポジティブに繋げればOK

最終的には「会社に対して適性が高い」と思わせる中身を持つこと、そう思ってくれる会社に就職活動中に出会えるかの運で決まることだと考えています。

グレーゾーンなルールは他にもありますが、履歴書だけであなたの全ては図れません。
あまり細かなことを気にしすぎないよう、効率的に作成してくださいね。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。