大事なことは、読んでいる「あなた」に伝えること

大事なことは、読んでいる「あなた」に伝えること

今、この文章を読んでいる「あなた」へ…

ライターの仕事は、奥が深いです。私が文章を書く時に心がけていることは、目の前の「あなた」に向かってお話しすること、です。不特定多数の方がこの文章を読んでいるかもしれません。ひとつのテーマがあり、その知識を得るために、ここへやってきてくれた。それならば、「あなた」が何を知りたいのか、私がなにを伝えることができるのか、それをいつも考えながら、文章を書いています。

知らないことは、伝えられない

「あなた」が答えを求めているものを探り出し、情報を調べ伝えることは簡単です。でもそれは情報だけなのであって、「あなた」の心には何も届きません。私が経験し、実感したことを裏付けとして伝えなければ、ただの情報の羅列になってしまいます。しかし、すべてを経験しないと伝えられない、そういう訳ではありません。誰かの情報を自分の中で分析し、この情報は納得できるものであると共感できれば、それは私の「意思」になります。自分の「意思」がなければ、たとえ些細なことであっても「あなた」には伝わらないでしょう。

いろんなことを伝えたい…

ライターとしてはまだまだ未熟で、自分の経験だけでしか文章にできないこともあります。マーケティングなどでは、自分の使ったことない物や、経験したことのない情報などを、お伝えすることが多くなってくることでしょう。そのたびに私は、自分が共感できるまで、調べて調べて調べまくります。そうしてやっと、情報ではなく自分の「意思」として、今読んでもらえている「あなた」に伝わればうれしいです。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。