ライティングの仕事が面倒なライター

ライティングの仕事が面倒なライター

自己紹介

皆さんに倣って、自己紹介みたいなものを書いてみたいと思います。
私もまた多くの人と同じように、副業としてのライティング活動を行っていますが、正直なところライターと名乗るにはおこがましいのでは、とも感じています。
ライティングのスキルを高めたいなどという向上心もありませんし、SEO的な技術にも興味がありませんし、気分が乗らなければ仕事はしませんし、やはり小遣い稼ぎの側面もあるからです。

なぜライターなのか

それでも、なぜこの仕事をしているかというと、これはもう消去法的にライターを選んだとしか言いようがありません。本業でも出版社で書籍の編集者をしていることもあり、なんとなくライティングなら唯一できそうだなという大変低い志です。すみません。
とは言っても、文章を書くことが嫌いなわけではありません。好きと言ってもよいのかもしれません。ただ、仕事としてのライティングは自分の趣味など好きなジャンルについて書きたいという気もあまり起こりません。

どんなジャンルで書いているのか

というわけで、主に取り扱っているジャンルは、本業や過去の仕事、日常生活で必要に迫られて詳しくなった物事になります。あくまで「仕事」として考えると、割り切れるし、場合によっては本業にも還元できるというメリットもあります。
自分の好きなことについて書くと、どうしてもより詳しく、マニアックに仕上げたくなってきてしまいます。時間もかけてしまうので対価としても見合わないし、「仕事」となると、やはりクライアントや読者のニーズから乖離することもあります。
というわけで、まだまだライターと名乗るのは早い気もしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。