ブラックな職場に別れを告げて自分の人生リセットします。

ブラックな職場に別れを告げて自分の人生リセットします。

【人は誰もがガマンして生きている】

そう思いながらこれまで40数年生きてきました。

定年後もムチ打つ生活が待つ日本の老後。
豊かな老後のために、8年勤めたパートから正社員への転職へとシフトしたのが4年前のことです。

甘かった。
保有資格は過去のもの。現代では通用しないスキルばかり。年齢オーバーも拍車をかけ、ハローワークがハローしてくれず、求人にエントリーするも落ち続け、さすがに心が折れそうになりました。

【同族企業の闇】

そんな時出会った食品の加工業者へ雇って頂き、喜び勇んで事務員として働き始めました。

ところが
そこは縁故関係が役職を占める、いわば同族企業。

朝からネット通販をしながらあちこちにクレームを入れる副社長に
「猫が屋根に上ったから心配なので帰る」という課長・・・
もちろん仕事は放置。平社員へ丸投げ状態。

いかん。これはいかん。

せっかく雇ってもらった御恩に応えようと頑張ってみましたが、唯一古参でいる外部の先輩は、完全に副社長の下僕と化していました。そして親族以外の社員には挨拶すらせず、完全無視・・・
普通に仕事が出来ない状態に他所の部所からも心配される日々。
給与も休日もハローワークに出ていた条件とも違い、耐えられずに1年で退職しました。

【離職率がハンパない会社】

そして再度の職探し。
すると基本給は低いものの他は好条件で会社も軌道に乗り出している人気の会社に、なぜだか採用が決まりました。

狂喜乱舞。

入ってみれば最年長でしたが(笑)

地方創生に携わる内容でしたのでやりがいもあり、良い仲間にも恵まれ楽しく仕事にまい進する日々でした。

ですがまたもや
給与が上がらない。
ボーナスが出ない。
残業が尋常でない。

入社時の説明では
毎年の基本給UP確約、ボーナス2ヶ月の確約、ノー残業との説明でした。
それでも、頑張っていればそのうち・・・の希望もむなしく
増えていくのは残業ばかり。

さすがに休憩時間も取れず60時間を超える残業の状態に、労働基準監督署が査察に入る始末。

ヤバイ。ヤバすぎる。
最年長の私の身体は悲鳴を上げ、若い子たちは次々と退職し、中には鬱になる子も。

この先、ここでずっと生きていく自信がありませんでした。

同居していた父が末期がんにより余命宣告を受けたことが決定打となり、会社に別れを告げました。

おかげで仕事を辞めてからは、穏やかな日々の中父を看取ることが出来ました。

【何のために仕事をするのか】

仕事は1日の中でほとんどを占めるほど、人生の大部分です。

父の死を看取り自分の人生を振り返った時、これでいいのだろうかと疑問に思いました。

納得のいく仕事をしたい、人の役に立つ仕事をしたい。
笑って毎日を過ごしたい。
人生を楽しく過ごしたい。

そう思い時間的に融通が利き、自由に仕事が出来るクラウドワークスにたどり着きました。

ライターとしては未熟で勉強の日々です。

ですがストレスのない毎日は最高です!

【Bucket List】死ぬまでにやりたいリスト

Bucket List(バケットリスト)・・・残りの人生の中でやりたいことを書き出したリストのこと

病気により余命を宣告された人が、悔いのないように生きるために作られたもので、『最高の人生の見つけ方』という映画で有名になりました。

・宮古島へ行く
・ずっと会っていない友人たちと会う
・骨髄バンクに登録する
・断捨離をしてモノを減らす
・海外を旅してまわる

まだまだ書き出すには足りないですが、
・好きな仕事をする

1歩は、踏み出せた気がします。

少しづつ、自分の人生を変えていけるよう
インプット、アウトプットを念頭にいろんな情報を発信していけるよう
日々「楽しんで」学んでいきます!

報告する

コメント

  1. はじめまして。水原咲と申します。
    最高の人生の見つけ方、素敵な映画ですよね!
    自分に影響を与えてくれた映画の1つです。

    記事の前半、読んでいて胸が締め付けられる思いでした。
    とても大変な経験をされたのですね。
    会社勤めは当たり外れが激しすぎて…。
    今後、クオリティオブライフが少しでも向上しますように!

  2. 咲さん、ありがとうございます!
    私の理想は、楽しいエンディングストーリーです(笑)

    初の投稿で、皆さまとてもしっかりしたライターさんばかりなので、こんな文体でよいのかと悩みました…

    学ばせて頂きながら、日々精進致します♫

    これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

  3. ライトな文体と胸に沁みる内容で、あっという間に読み切ってしまいました。
    私もブラック企業で退却時期を睨みながらライティングし続けている身なので、とても共感できます(土曜出勤しろって言われても…絶対行かない!だって私、ライティングで忙しいからっ!!)

    このままあと20年働くのかと思ったら、涙がこぼれていました。
    私もそろそろ自分のやりたいことに全振りして、全身全霊で、稼ぎにつなげていきたいと思います。

    どうかご自愛ください。
    応援しています。

  4. ochappieさん、ありがとうございます!

    薬剤師さんとのWワーク、頭が下がります

    私も昨年の今頃はヒトですらなかった気がする・・・

    自立したくて正社員を狙ったんですけど、暗黒世界への入り口でした(笑)

    私もライター駆け出しですが、皆さんの投稿を読みながら日々精進です。

    ochappieさんも七転び八起き、共に頑張っていきましょう♪

コメントするためには、 ログイン してください。