スッキリ!軽い!タブの整理はWorkonaが超便利

スッキリ!軽い!タブの整理はWorkonaが超便利

ブラウザー上のタブを整理する方法

ライターに必要なのは、文章を書くこと以上に情報収集も欠かせませんよね。
しかし、仮に情報収集はできても、集めた情報を上手に整理できなくてイライラしてしまうことって多くありませんか?

私の場合は、知らぬ間に20個以上の大量のタブをためていて、結局どこに必要な情報があったのかさえ分からなくなる時が度々ありました。
後から見返したいサイトがあっても、開いているタブが多すぎて、探し出すのに時間かかったり、間違ってタブを閉じてしまい、また検索し直してサイトをたち上げたり…。
また複数のタブを開きすぎたせいか、PCもよくフリーズを起こして固まったり、今振り返ればかなり効率の悪いやり方をしていました。

そこで、この大量のタブ問題をなんとか回避できぬものかと思っていたら、ライター仲間から耳寄りな情報をゲットしたのです。
Chromeの拡張機能で「Workona」というWebサービスが超使えるらしい!
実際に私が使ってみても、噂のとおり、超使い勝手の良い機能だったので、簡単にこちらでご紹介したいと思います。

Workonaをオススメしたいポイント

公式サイト
https://workona.com/
①タブをまとめて、グループ化できる!
タブをまとめて整理して、それぞれワークスペースに名前を付けて保存。
作業時に必要なサイトを毎回立ち上げていたのが、一気にその手間から解放されます!気持ち良いくらい、一瞬で切り替わってタブが立ち上がります。

②複数の案件を、並行して作業しやすくなる!
目的別にタブが分かれているので、ワークスペースを切り替えることで、中断した別の案件でもスムーズに作業を再開しやすくなります。

③PCが軽くなる!
タブは開いた分だけメモリーを多く消費するため、PCが重くなりやすいです。ワークスペースで適切にタブを分ければ、必要あるタブしか開かれませんので、必然的に動きも軽くなりやすいです。

まとめ

大量にタブを開く癖があって、ぐちゃぐちゃで頭が混乱するライターさんには、ぜひ試してほしいサービスです。
Workonaを利用したお陰で、私はストレスなく、安心してライティングに集中できる時間が増えました。

今までのやり方に慣れている方は、目的別にタブを分けること自体が面倒臭いと感じるかもしれませんよね。
ただ、これから複数の案件を抱え、ライティングの幅も広げていきたいとお考えなら、先ほどお伝えしたようにWorkonaはかなり便利なサービスですよ。

GoogleChromeを使っていて興味のある方は、ぜひ一度導入して使ってみてください。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。