【驚愕】初心者を狙う奴隷案件に注意

【驚愕】初心者を狙う奴隷案件に注意

意外と転がってる奴隷案件

はじめまして。
副業ライターを始めて3ヶ月のかばたあきこです。
まだまだ初心者に毛が生えた程度ですが、初心者の気持ちを忘れないうちにシェアしたいことがあります。

それは、奴隷案件!

私はクラウドワークスで受注していますが、奴隷案件を見かけたことは一度や二度ではありません。
そして、あやうく契約しそうになったこともあります。

奴隷案件とは定義は人それぞれだと思いますが、一般的には文字単価0.2円以下の案件とされています。
確かに本当に初めてのライティングだったり、受注実績欲しさに手を出す場合もあると思います。

しかし最低でもココだけはチェックして!というポイントがありますのでご紹介しますね。

注意する項目はコレ!

確かに最初の受注は文字単価0.2円でも仕方ないと思います。
しかし、そのような「手始めの仕事」には1000文字以下の感想寄稿や、口コミ記事がオススメです。

なぜなら1000文字以下であれば、短い時間で仕事が完了しますし、当初の目的だった受注実績の獲得と一連の流れを学ぶことは達成できるからです。
そして、一連の流れを学習するのは数回で十分です。

注意したい項目は
【記事数】や【1記事あたりの文字数】
あとは【クライアント情報】です。

私は文字単価0.2円で3000文字×20記事という案件を受けそうになりました笑
何ヶ月0.2円のまま働かなきゃいけないの?という話です。

あとクライアント情報のチェックした方がよいでしょう。
満点だったり認定クライアントである必要はありませんが、評判の悪い人は避けましょう。
クラウドワークスで、数人から不満を書かれている方はそうそういません。

最後に。

私もまだ受注実績1桁のヒヨッコですが、既に文字単価は1円超えています。

とは言え、最初の案件選びは本当に迷いました。
うっかり奴隷案件に引っ掛かったいたら、未だに文字単価上げれずに、締切に追われていたかもしれません。

皆さんも、仕事内容をよく読んでから応募しましまょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。