やりたいと思ったら、「とりあえず」やってみよう

やりたいと思ったら、「とりあえず」やってみよう

新しいことを始めるのに、年齢なんて関係ない

年齢を重ねれば重ねるほど、
何か新しいことを始めるのに躊躇するようになった…。
そんな人も多いのではないでしょうか。

「今さらこんなこと恥ずかしいし」とか、
「若者に混ざってなんて無理」とか、色々考えてしまうんですよね。

でもそれって、社会人として積み重ねてきた成功体験やプライドが
変な枷になってしまっているものなんですよ。

人生80年どころか100年といわれる時代になってきました。
ITや科学技術の進歩も凄まじく、目まぐるしく取り巻く環境が
変わってきています。

それに対応するためにも、目指すは二毛作はたまた三毛作な人生!
今まで興味はあるけどやってなかったり、最近気になりだしたものなどがあれば、
まずは軽い気持ちで、チャレンジしてみましょう。

やった後悔より、やらなかった後悔

人が人生の幕をおろすとき、後悔として語られるのは、
やったことより、やらなかったことが多いとよく耳にします。

過去の大失敗より、本当はやりたかったけど様々な事情で
挑戦すらしなかった、できなかった方が悔いが残ってたわけですね。

幸い現代の日本では、結構あれこれできます。
法に触れたり、よそ様に迷惑をかけるようなことでなければ
何歳からどんなことをしたっていいんですよ。

別に失敗したってかまわないんです。
命をとられるわけでなし。
そう思うとちょっと気が楽になりませんかね。

やりたいと思ったら「とりあえず」やってみる。
そんな感じでいかがでしょうか。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。